お金を生み出せるコピーとは

コピーライティングというものを学んでいくにあたり、
あなたはそこに何を望むでしょうか。

率直に言えば“お金を生み出せるコピーの書き方”を学び、
それをビジネスに活かしていきたいのではないかと思います。
では、あなた自身それをどういったものと捉えているでしょうか。

その定義をどの視点で求めるかによっても答えは変わってきますが、
広い範囲でその回答を述べるなら、

“人の心を動かす事が出来るコピー”

これこそが結果としてお金を生み出せるコピー、
その答えと言えるのではないかと思います。

興味や関心を引き付け、信用を与え、行動を起こさせる。

そんなコピーこそが実際にお金を生み出していけるわけです。

お金を生み出すコピー=人の心を動かす事が出来るコピー


ネットビジネスの場で言えばセールスレター、
もしくはブログやメールマガジンなど。

コピーライターはそれらに対してコピーを綴り、
読み手を「成約」へと導いていかなければなりません。

そしてそんなコピーを書いていくスキルこそが、
あなたがこれから学んでいくコピーライティングだという事です。

ただ、その「人の心を動かす事が出来るコピー」というものは、
決してそれを一言で言い表せるものではありません。

何故なら人の心はその人、その時、その状況によって、
その“動かし方”が変わってくるからです。

とは言え、これはとくにそこまで複雑な話ではありません。

その“心を動かしていく心理の流れ”は、
たった3つの段階しか無いからです。


コピーによって心を動かす3つの段階層


1、興味、関心を引き出す
2、共感、信用を得る
3、行動させる


簡潔に言えば、この3つの心理の流れを押さえていく事が出来れば、
そのコピーからはモノが売れていく事になります。

逆に言えばこれら3つの心理を誘導出来る、
その為のコピーを書いていく事が出来るようになれば、
意のままに商品を売り込んでお金を手にしていく事が出来るわけです。

セールスレター1枚で商品を売りたいと思うなら、
その全てを1枚のセールスレターでクリアしなければならない。

ただ、メールマガジンを利用していくなら、
1つ1つの記事でその役割を分担していく事が出来ます。

まずは興味を引き付けるようなメルマガを投げ、
次回以降で信用と信頼を積み上げていく。

そして何かの商品を売り込みたいタイミングで、
行動を促すメールマガジンを投げていくという流れです。

これが俗に言うDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)ですね。

よく言われている「リストを教育する。」という行程は、
その“信用と信頼を築き上げていく段階”を指しています。

興味や関心を引くコンテンツを提供してリストを集め、
そのリストの教育し、そのリストに販売を行っていくわけです。

このDRMの流れを見ても顧客の心理を導い行く流れが、

1、興味、関心を引き出す
2、共感、信用を得る
3、行動させる


のステップになっている事がお分かり頂けると思います。

ですのでこれから私がお伝えしていくライティングスキルは、
そのいずれも上記3つの心理誘導を意図するもののどれかになります。

・興味・関心を引き出す為のコピーライティグスキル
・共感、信用を得る為のコピーライティグスキル
・人を行動させる為のコピーライティグスキル


率直にお金を生み出せるライティングスキルを学んでいく上では、
これ以外のスキルを学んでいく必要性はほぼ皆無です。

むしろどんなライティングスキルも、
突き詰めていけばこれらのスキルのいずれかに当てはまり、
いずれかの目的を果たす為に利用していく事になる。

言うなれば1つ1つのライティングスキルを3つの引き出しに分け、
それを頭の中に詰め込んでいけばいいわけです。

そしていざコピーを書いていく際に、
その局面に応じた引き出しを開けてそのスキルを駆使していけばいい。

それで十分に人の心を動かし、
人を行動させていけるコピーは十分に書けてしまうんです。


コピーライティングを学んでいく際のポイント。


“コピーライティングを学びましょう!”

このような事を聞くと多くの人は
何か掴みどころのない物事を手さぐりで学んでいくような、
そんなイメージを持ってしまう傾向にあるようですが、
実際のところは決してそんな事は無いわけです。

たかが3つの心理誘導を意図して、
それぞれの役割を担ったコピーを1つ1つ書いていけば、
その結果としてそれなりの反応は十分に取っていく事が出来る。

その上で更にその精度を高めていく為のスキルを、
経験と勉強によって追及していけばいいという事です。

いきなり一流のトップライターにはなる事は無理でも、
そのスキルをしっかりと学び取っていくだけで、
あなたが書く文章の反応率は確実に変わってきます。

何故なら人の心理とコピーの間には明確な“原則”があるから。

その原則を学んでいく事こそが、
コピーライティングを学んでいくという事なんです。

あなたが書く文章からの反応が変っていけば、
当然あなたのブログやメルマガからの売上は劇的に変わってきます。

つまりそれは収入が劇的に変わってくる事を意味するわけです。

まずは正しい原則を学び、
その一歩から着実に踏み出していきましょう。

今回お伝えしておきたかった事は、
その為のとくに重要なポイントになりますので、
しっかりと頭の中に入れておいてください。


まとめ


今回の内容のまとめです。

・お金を生み出すコピーとは人の心を動かす事が出来るコピーである。
・人の心を動かし行動させていく為の3つの段階

 1:興味・関心を引き出す
 2:共感・信用を得る
 3:行動させる
・全てのライティングテクニックは下記の3つに集約される
 1:興味・関心を引き出す為のライティグスキル
 2:共感、信用を得る為のライティグスキル
 3:人を行動させる為のライティグスキル

また次回の講義をお楽しみに。

>コンテンツ一覧へ

タグ

2013年6月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:心理原則

このページの先頭へ