The Million Writingロングヒットの要因とCopyrighting Affiliate Programのシャドーコンセプト。

宇崎です。

私、宇崎恵吾が「無条件返金保証付き」で公開している
コピーライティング教材「The Million Writing」。

>The Million Writing

公開からおおよそ1年以上が経過している今も
ほぼリリース時と変わらぬ売れ行きを継続する事が出来ています。

期間限定、数量限定などの煽り文句で、
短期的に売り切るというやり方が主流になっている
今の情報商材業界としては指折りのロングヒットではないでしょうか。

“コピーライティングに特化した教材”

というものではむしろ唯一かもしれませんね。

The Million Writingロングヒットの要因

こうした長期的な売れ行きを持続できている要因。

それは私達自身がそういうマーケティングを仕掛け、
意図的にそういう売り方をしているというのもありますが
それ以上の要因はやはり「口コミ効果」だと思います。

純粋に教材の中身や質に満足した方々の生の声。

これ以上に商品のロングヒットをもたらす要因はありません。

この業界の大半の情報商材が短期的な販売を行っている事や
ここ最近よく見られる高額塾系の教材のように
あえて募集期間を限定してコンテンツを「後出し」するのは、
実を言うとこの「口コミ」を起こさないようにしている節があります。

要するに値段に対して満足を与えられるものを
販売者自身が提供できていない事を自覚しているんですね。

どうせ「良いコミ」を期待できないのだから、
むしろ口コミや評判が出ない売り方をしよう。


これが値段に見合わない低俗な教材を売っている人達の考え方です。

こういう売り方をする多くの高額教材や高額塾が
多くの被害者を生み出しているのが
何よりもこの事を実証しているのではないかと思います。

何にせよこの手の情報商材のロングヒットさせるには、
それを裏付ける「評価」がバイラル的に広げていく事が必要不可欠です。

現に私の「The Million Writing」などは、
商品名や私の名前でキーワード検索をして頂ければ
それが出来ている事が良くお分かり頂けるかと思います。

まさに多くの人が「口コミ」によるバイラルを引き起こしてくれています。

これがまさに「長期的なロングヒット」の要因になっていくわけです。

ただ、この情報業界はまだまだ現実として、
評判も口コミも「ゼロ」に等しいような高額な教材が、
業界内の売上の大半を占めている状況にあります。

ただでさえ「中身がわからない情報商材」というものが、
何故か評判や口コミ「ゼロ」の状態で売れてしまっているのです。

評判、口コミゼロの商品が売れてしまうこの市場現状とその打開策


この現状要因はやはり「アフィリエイター」にその罪があると思います。

中身もわからない数万円、数十万円の高額な教材や塾を
無責任に推奨するようなアフィリエイターの絶対数が多い事。

これが「まやかしの口コミ」を作っているところにありますね。

残念ながらこの業界で世間的に
「トップアフィリエイター」などと呼ばれている人ほど
そういった中身のわからない高額な教材を
無責任に太鼓判を押して推奨している傾向にあります。

よくよく考えればそこまでの価格帯のものを
中身もわからない状態で無責任に推奨しているわけですから、
これほど「おかしい商売」はありません。

そんな「おかしい商売」をしている人達が
この業界では「トップアフィリエイター」などと呼ばれ、
また不必要な影響力を持って中身の無い(見えない)
盲目の高額教材や高額塾を推奨しています。

それどころか自分自身がそういうものを始めるわけです。

現状「推奨さえすれば」そういうものにお金を払う
情弱層と呼ばれる人達が多いというのが現実ですので、
商売としてはそういう人達に高額な教材を推奨していく方が
当然ながら「楽」に「大金」が手に入ります。

その実績でまた自分が同じような事を出来るわけですから、
これほどボロい商売は無いわけです。

でも、いつまでもそんな事をやっていては
この業界は今以上にどんどん腐っていくと思います。
(今、現状でも既に腐っているという点は否めません。)

そんな現状を打破するのはやはり1人でも2人でも
おかしいものはおかしいと消費者側の目線に立って
本当に価値のあるものだけを正しく広める
アフィリエイターさんが絶対数として増えていく事だと思います。

その数が少しづつでも増えていけば、
必ずこの業界の兆しや傾向は変わってきます。

少なくとも今のような中身も見えない
高額な教材や塾を推し進める人はいなくなっていきます。

「そんな事をやっている人は信用出来ない」

消費者側がそう自覚できるような風潮を作っていくわけです。

そうすればおのずとそういう売り方をする人は減り、
必然的にそういう商品を売る販売者も減っていきます。

それが本当の意味での「健全化」ではないでしょうか。

健全化を謳う販売者、アフィリエイターの見極め方


そこで1つ私なりの消費者側の意識改革という意味で、
健全化を謳う販売者、アフィリエイターが信用に値するかどうか。

その見極め方を1つ指南しておきます。

それはまさに中身の見えない高額教材をどう扱っているか。

これを見ればそのアフィリエイターや販売者の姿勢は一目でわかります。

少なくともそういう商品をコンテンツの中身も見ずに
推奨しているようなアフィリエイターは
健全化だ何だといきまいていても、要注意です。

そういう教材や塾を販売している販売者も同じく注意ですね。

今はそういう事をやっている人ほど
業界の健全化などという事を謳っている傾向にあります。

だからこそ見極めるべきは

「やっている事と言っている事が伴っているか。」
「それはどういう手口で商品を販売し紹介しているか。」

これを見ればそのアフィリエイターの姿勢、信頼性は一目でわかります。

おそらく「有名」と言われているこの業界の
トップアフィリエイターと呼ばれている人達は
大半が自分の利益だけを追求するような商売をしているはずです。

そういう人達を稼がせるのはもう辞めにしましょう。

一人一人の消費者側そういう意識を持ち、
またそういう意識のアフィリエイターになっていく事。

それがこの業界を変革する一番の方向性ではないかと思います。

そして私と師匠が今、推し進めているこのアフィリエイトプログラム。

>Copyrighting Affiliate Program

これはまさにそういう「本当の意味での価値のある情報だけ」を
消費者側の目線に立って紹介していく手法を推し進めているものになります。


Copyrighting Affiliate Programのシャドーコンセプト


私達自身がこの手でそういうアフィリエイターを育てていく。

このCopyrighting Affiliate Programは
そんなシャドーコンセプトを抱えてのネットビジネスの本質、
そして何より次の時代のアフィリエイトビジネスのあり方を見据えた
本格的なアフィリエイトプログラムになっています。

過去、歴史があらゆる事柄でそれを証明しているように
この情報業界も時の流れ、時代の流れと共に
必ず、良い方向、あるべき方向へと進んでいきます。

社会への不平不満は尽きませんが人間社会が
今よりも「最善」であったような事は
いつの時代、どこに国を振り返っても存在しません

この情報業界も3年前より5年前より、10年前よりは
この情報紹介も少なからず良い方向には向かってきていると思います。

そしてそれは今後も同じようにあらゆる物事は
少しづつでも「良い方向」へと向かっていくはずです。

いつかは本当に価値のある商品だけを
消費者目線で真っ当に推進していく
アフィリエイターのあるべき姿が当たり前となり、
そうでなければ稼ぐ事が出来ない時代が来ると思います。

このアフィリエイトプログラムはその先の時代を見据えた
1年先、3年先、5年先とその時代が経過するごとに
更にその有効性が増していくノウハウである自負があります。

それは「ビジネスの本質」に何よりも重きを置いているからです。

現にこのCopyrighting Affiliate Programにおいても、
公開から半年ほどが経過した今現在も、
常に継続した売れ行きから多くの参加者を得ていっています。

このプログラムについてもまさに「正当な評価」を得て、
口コミによるバイラルが広がり始めているのです

そして私達にはこれが「大きな力」となっていく
そのヴィジョンが明確に見えています。

あなたがコピーライティングという本質的なスキルを重視し、
アフィリエイトというビジネスで
長期的に成果を上げていく事を目指しているなら、
是非、このプログラムへの参加を検討してみてください。

どうせなら人の為になる、人の役に立つ、
そして人に感謝されるビジネスで成功してください。

情報商材を主体とするアフィリエイトビジネスでも
その方向性は十分に見出せるという事です。

少なくとも私達はその方法を提唱しています。

珍しく売り込みのような記事になってしまいましたが
改めて私達のプログラムの本質的なコンセプトを
今こそ強く伝えておくべきと思い、記事にさせて頂きました。

共感するものがあれば、是非ご参加を検討頂ければ幸いです。

>Copyrighting Affiliate Program

K.Uzaki

>コンテンツ一覧へ

タグ

2014年4月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:教材案内

このページの先頭へ