メルマガ登録フォームはいつブログに設置するべきか。

宇崎です。

今回の「稼げるブログの作り方講座」は、
ブログにメルマガ登録フォームを設置する、
その「タイミング」についての講義になります。

この「稼げるブログの作り方講座」では、
原則として、メールマガジンとの連携を前提に、

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)

を、ブログをその入口として展開していく事を推奨しています。

ただ、このようなブログとメルマガを連係したメディアの構築においては、

「メルマガへの登録フォームはいつ設置するべきか」

といった相談を非常に多くの方から頂いている傾向にありますので、
今日はその「私なりの答え」を示しておこうと思い、
こちらの題材を今回の講義のテーマとさせて頂きました。

ブログを始めたばかりの段階にあるような方や、
これからメルマガの導入を検討されているような方であれば、
まさにリアルタイム性のある議題だと思いますので、
是非、お付き合い頂ければと思います。

それでは、早速いってみましょう。

メルマガ登録フォームは、いつブログに設置するべきか。


まずは率直な結論から。

私が考える限り、ブログにおけるメルマガフォームの設置は、
そもそも「絶好のタイミング」というようなものは無く、
基本的には「すぐにでも設置するべきもの」だと思います。

ブログを開設して初期段階のカスタマイズ等を行う段階で、
すぐにでもメルマガ登録フォームは設置するべきという事です。

そしてその理由は、その「設置」は早いほどメリットがあり、
その「設置」を遅らせれば遅らせてしまうほど、

「そのメリットを得られないデメリットが大きくなる」

と思うからです。

と言うのも、ブログとメルマガを連携させる場合、
ブログにとっての基本的な「出口」に相当するものは、
あくまでも「メルマガの登録フォーム」になるはずですので、
その「出口」は早い段階で用意しておくに越した事はありません。

ブログはその「明確な出口」があってこそ、
そこにアクセスを集める意味があるものだからです。

仮にその出口が無い状況でブログを更新していく場合、
実際にブログに対して記事を投稿していく以上は、
投稿していった記事にはアクセスが入る可能性があり、
その段階でのアクセスはただの垂れ流しになってしまいます。

明確な「出口」の無いブログへのアクセスは、
当然ですが、ただの「垂れ流し」になってしまうのです。

故に、ブログに記事を投稿していく時点で、
ほんの少しでもそこにアクセスが入る可能性がある以上、
その「可能性」は決して無駄にしていくべきではありません。

出口の無いブログに集まってきたようなアクセスは、
何を生み出す事も無い「垂れ流しのアクセス」にしかなりませんが
そこに「出口」となるメルマガ登録フォームを設置しておけば、
そこから読者を集められる可能性を作っておく事が出来ます。

実際にそこで読者を集める事が出来ていれば、
その読者に対してであれば、後々もメルマガを介して、
いつでもアプローチをかけていく事が出来るのです。

よって、仮にまだメルマガの原稿等が
まだ全く出来ていないような状況であるとしても、
メルマガ登録フォームはすぐにでも用意した方が良いと言えます。

ひとまずはブログのアクセスを「読者」として落とし込み、
いつでもアプローチをかけられる状況を作っておけば、
メールマガジンの発信は実質的にいつでも行えるからです。


メルマガ登録フォームはすぐにでも。


よって、メルマガの登録フォームに関しては、
それを早い段階で「設置しない事」には、
実質的に何のメリットも無いに等しく、
その状況でのアクセスは全て「無駄」にしかなりません。

そこにメルマガ登録フォームを設置しておくだけで、
そのアクセスを読者としてストック出来る可能性を作れます。

この事のみを捉えても、やはりメルマガ登録フォームは、
ブログの開設と同時に設置しておくに越した事は無いのです。

「まだブログにアクセスがほとんど来ていないから。」
「メルマガの原稿がまだ出来ていないから。」
「メルマガのネタにすぐに行き詰まりそうだから。」


このような理由で、メルマガ登録フォームの設置を
あえて先延ばしにしているような人や、
その設置自体に二の足を踏んでいる人がいる傾向にありますが、
それは大きな「間違いである」という事です。

少なくとも記事を投稿している、投稿していく以上は、
1アクセスでも2アクセスでも、そのようなアクセスが
どの記事に対して、いつ入ってくるかは全くわかりません。

そのような少ないアクセスが入ってくる可能性は、
実際に投稿している記事、投稿していく記事、
その全てにおいて「ありえる」のです。

そして、そのような少ないアクセスも、
あえて「無駄に垂れ流すメリット」は何もありませんので、
そのようなアクセスからでも「読者」を集められる可能性は、
やはり、しっかりと「作っておくべき」だと思います。

故にメーマガジンの登録フォームは、
ブログの開設と共にすぐにでも設置しておくべきであり、
当面はその登録フォームをブログの「出口」として、
その出口に訪問者を促すようにしていくようにしてください。

それがブログにおいて「最善」と言える、
構築段階からの運営方針と捉えて良いかと思います。

以上、今日はメルマガ登録フォームの設置時期についてでした。

是非、参考にしてください。

K.Uzaki


ブログを軸とした情報発信ビジネスのススメ。


私と私の師匠とで公開している教材、

「Copyrighting Affiliate Program」

では、今回の講座の中でお伝えしたような
ブログ、メルマガを軸とした情報発信ビジネスを軸として、
アフィリエイトで収入を得ていくノウハウを

「私と私の師匠の徹底したコンサルティング体制」

のもと、実践していく事が出来るプログラムを提供しています。

>Copyrighting Affiliate Program

月額9800円からご参加頂けるプログラムですので、
まずは「お試し」という感覚でも構いません。

よろしければ一度、案内ページの方だけでもご覧頂ければ幸いです。

>「稼げるブログの作り方講座」一覧へ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年6月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:稼げるブログの作り方講座

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ