ブログの記事を「リピーター」に向けて書いてはいけない理由。

宇崎です。

今回の「稼げるブログの作り方講座」では、
ブログの記事を書いていく上での注意点の1つとして

「リピーターに向けて記事を書いていけない理由」

というテーマで講義してみたいと思います。

ブログの記事をリピーターに向けて書いてはいけない理由。


「え?なんで!?」

そのように思われる人も多いと思いますが、
ブログに記事を書いていく際は基本的に
リピーターに向けて書くべきではありません。

より厳密に言うとブログの記事は

リピーターとなる人だけを対象とする形で、
リピーターのみへ向けた記事を書いてはならない


というのが今回のテーマにおける主なポイントになります。

その理由の1つとして「ブログへ投稿していく記事」は全てが、

「検索エンジンにヒットする可能性」

を秘めているからであり、その「全ての記事」に対して、
新規の訪問者が訪れる事を想定するべきだからです。

故に、あたかも「リピーター」のみに書かれたような、
日頃からブログを見ている人だけを対象にした記事などは、
必然的に新規の訪問者の反応を下げてしまいます。

つまり、ブログに投稿していく記事は全てにおいて、
新規の訪問者もそれを目にする想定を踏まえ、
その前提で記事を構成していく必要があるという事です。

『先日もお伝えしたように・・・』

『この事は以前もお伝えしましたが・・・』

『これは前回の記事でもお話しした通りです。』

普通によくありがちな上記のような記事の書き方などは、
明らかにブログを日々、目にしているような、
リピーターとなる人を対象とした書き方である為、
ここで挙げた配慮が足りていないものと言わざるを得ません。

検索エンジンなどを介して訪問してきた新規の訪問者や、

「先日の記事」「以前の記事」「前回の記事」

などにあたるものを目にしていない人からしてみると、
上記のような記事は情報不足なものでしかないからです。

少なくとも、上記のような書き方の記事を目にした際、
その内容をしっかりと「理解」できるような人は、

「先日の記事」「以前の記事」「前回の記事」

などにあたるものをしっかりと目にした上で、
その内容をしっかりと覚えている人に限られます。

しかし、ブログに訪問してくる人達や、
その記事を目にする事になる人達の中で言えば、
そのような人は全体の中の一握りでしかありません。

一定数のブログの訪問者、記事の観覧者は、
上記に該当しないような人達なのが現実であるという事です。


全ての投稿記事で新規の訪問者を意識する。


よって、ブログに記事を書いて投稿していく際は、
その全ての記事において「新規の訪問者」を意識し、
そのような訪問者も一定数はいる事を前提に、
相応の配慮を加えて記事を書いていく必要があります。

『先日もお伝えしたように・・・』

『この事は以前もお伝えしましたが・・・』

『これは前回の記事でもお話しした通りです。』

このような特定の記事を既に読んでいる人を対象に、
そのような人だけが読んでいる前提で記事を書くのではなく、

「先日の記事」「以前の記事」「前回の記事」

などにあたるものを目にしていないような人にも、
しっかりとその内容が認識できるように、

『先日も、このブログで○○○とお伝えしたように・・・』

『この事は、以前も○○○とお伝えしましたが・・・』

『これは○○○と前回の記事でお話しした通りです。』

といった形で、そこで改めて伝えたい事や、
以前に伝えた情報を改めて示すようにしてください。

その上で、その「以前の記事で伝えた情報」を、
より詳しく知りたい人だけを誘導するような形で、

「先日の記事」「以前の記事」「前回の記事」

に該当する記事への誘導リンクを貼るなどの配慮が、
あらゆる訪問者を想定した適切な構成であると言えます。

あくまでもブログに対して投稿していく記事においては、

・検索エンジンから新規の訪問者がアクセスしてくる可能性
・特定の記事を読んでいない訪問者がアクセスしてくる可能性


これらを前提に構成していく事が理想であり、
決して全ての訪問者が「リピーター」であるような前提や、
全ての記事をくまなく読んでいる前提で書くべきでは無いという事です。

現実的に考えて、そのような観覧者は明らかに少数派だからですね。

それでも強いて「特定の記事を読んだ人だけ」を対象に、
そのような前提で訪問者に対して特定の情報を与えたいという場合、
それは「ブログ」ではなく「メルマガ」に適した情報に他なりません。

原則としてブログに投稿していく記事は、

「投稿した全ての記事が最初に読まれる可能性」

を捨てきれないものであるため、
特定の情報を与えた人だけを対象とする形で、
その「順序」を意識した形で情報を与えたい場合は、

「情報提供の順序(シナリオ)」

を自由に定める事が出来るメルマガでの情報提供が適しています。

この辺りの考え方は以下のようなブログ講座がございますので、
併せて、こちらの方も参考にしてみてください。

>ブログとメールマガジンを使い分ける理由とその違い。

以上、今回の「稼げるブログの作り方講座」は、

「リピーターに向けて記事を書いていけない理由」

を言及させて頂きました。

もし、ご自身が運営しているブログへの投稿記事の中で、
ほぼリピーターだけを対象にしているようなものがあるなら、
そのような記事には然るべき配慮を加えていく事をお勧めします。

そのような「リピーターのみへ向けられた記事」は、
多くの訪問者の反応を下げている可能性がありますので。

参考にして頂ければ幸いです。

K.Uzaki


稼げるブログの作り方講座


>「稼げるブログの作り方講座」一覧へ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年3月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:稼げるブログの作り方講座

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ