ステルスマーケティングとは。その事例とコピーライティング。

宇崎です。

今日はステルスマーケティングについて。

事例と戦略、コピーライティングとの適応度などを、
私なりの観点で講義していきたいと思います。

ステルスマーケティングとは。その戦略と事例。

ステルスマーケティングとは「宣伝」や「広告」と気付かせず、
消費者に商品を売り込みやサイトへの集客を図る、
そういったマーケティング戦略全般の事を言います。

ここ最近はあらゆる掲示板サイトや
ツイッターやフェイスブックなどのSNSに多くの人が集まっている為、
この「ステルスマーケティング」が非常に有効だとして、
情報業界に限らず多くの企業や商品などが、
人知れずこの「ステルスマーケティング」で売り込まれています。

まさにインターネットの普及と共に確立された、
比較的新しいマーケティング手法と言えるのではないでしょうか。

今は情報商材業界に限らず多くのアフィリエイターなども
このステルスマーケティングを利用して、
自分のブログやサイトなどへの集客を図っています。

ある意味で言えばトレンドアフィリエイトなどで
物販のアフィリエイトをしているようなブログなどは、
そのブログ自体がステルスマーケティングを駆使していると言えますね。

ここ最近リリースされているアフィリエイトの情報商材でも、
このステルスマーケティングを軸としているものがわりと多くあります。

・ツイッター
・ヤフー知恵袋などのお悩みサイト
・NEVERまとめ


この辺りのサイトを集客に利用するようなノウハウは、
全般的にステルスマーケティングを採用しているものと言えます。

これらのサイトのようにそのサイト自体に集客力がある、
もしくはそこに既に多くの人が集まっているという点を利用し、
そこからフラットなアクセスを集めていくという手法。

そういった戦略を総称してステルスマーケティングと呼んでいます。


ステルスマーケティングの有効性。

ではステルスマーケティングは有効なのか。

それは当然“やり方次第”というのが実際のところです。

事実、ステルスマーケティングは、
検索エンジンからの集客とはまた別に、
極めて「フラットなアクセス」を集められるという点で、
顧客層の幅を広げるという意味でも有効なマーケティング手法です。

ただ多くの人が結果を出しているダイレクトレスポンスマーケティングも、
活用する人のやり方次第では全く結果は出ません。

それはステルスマーケティングも同じです。

ただ、実状としてステルスマーケティングに頼っている
多くのアフィリエイターはその大半が結果を出せていません。

何故か。

それはステルスマーケティングに頼っているような人の多くは
ある意味「他力本願な精神」でステルスマーケティングに頼り、

確固たる戦略を立ててそれを行っている人はほぼ皆無だからです。


「ツイッターでつぶやけばアクセスが入ってくる“らしい。”」

「この掲示板に書き込めばアクセスが増える“らしい。”」

「ヤフー知恵袋にURLを投稿すると集客が出来る“らしい。”」

「NEVERまとめに記事を投稿すると儲かる“らしい。”」



皆、確固たる根拠も無く「○○らしい」をアテにして、
そのサイトが勝手に大量のお客さんを運んでくれるかのような
まさに「他力本願な精神」でステルスマーケティングを活用しているのです。

当然ですが、そんなやり方で稼げるほど
アフィリエイトやネットビジネスは甘くありません。

勿論、何もしないよりは「何か」をした方がいいです。

それは間違いありません。

ただ、他力本願な精神で「やりっぱなしのほったらかし」では
集客もうまくはいきませんし稼ぐ事も出来ないと思います。

そして更に結論的な事を言うと、
ステルスマーケティングのような戦略にこそ、
コピーライティングのスキルは更にその重要度が高く、
必須と言えるレベルで必要になってくるスキルなのです。


ステルスマーケティングとコピーライティング。

何故、ステルスマーケティングのような戦略にこそ、
コピーライティングのスキルが重要となるのか。

それはステルスマーケティングというもの自体が
フラットな状態で「見込み客」を呼び込む戦略である為、
その先にある「売り込み」や「宣伝」を全面的に押し出すページでは

“より強く商品の強み等を顧客にアピールする必要がある”

という理由からです。

例えばダイレクトレスポンスマーケティング等を駆使して、
1から見込み客を集め、教育し、ある程度の購買意欲を掻き立て、
その上で商品を売り込むページに最終的な誘導をするのであれば、
その売り込みを目的とするぺージではさほど強いアピールは必要ありません。

既に顧客の意識は購入という方向に大きく傾いていると考えられるからです。

しかしステルスマーケティングで誘導してくるアクセスや顧客は、
そのような意識がほぼゼロの状態でその「売り込みのページ」へ訪れます。

広い範囲でフラットなアクセスを集められるだけに、
その広い範囲の訪問者達の興味を一気に引き付けられる、
そんな売り込みページを用意しておかなければ、
ステルスマーケティングによる集客はほとんど実を結べません。

つまりそこにはコピーライティングのスキルが必要不可欠なのです。


コピーライティングはステルスマーケティングにこそ必要不可欠。

いかに宣伝色を匂わせない事を特色とする
ステルスマーケティングという手法でも、
やはり最後には売り込みや宣伝を全面に押し出すページへ行き着きます。

そこまでの誘導を宣伝色を出さずに行うという手法が
ステルスマーケティングというものだからです。

つまりステルスマーケティングそのものには、
コピーライティングというスキルはとくに不要であっても、
そのマーケティング戦略で集めたアクセスに対しては、
より強く一目で商品のアピールが出来る「コピー」が必要となるのです。

いかにほぼ無関心に近い意識でアクセスしてくる訪問者に、
その商品の価値を一瞬でアピールし、価値を感じさせるか。

その一点がステルスマーケティングの成功の可否を決めます。

そしてこれはアフィリエイトのブログなどにおいても同じです。

ツイッターやフェイスブックなどを利用し、
ステルスマーケティングで集客を図っていくのであれば、
そこから集めたアクセスを一気に「見込み客」に変えられる、
そんな「圧倒的なコピー」をそこに掲げていなければ、
どんなに大量のアクセスを流しても、それはただの“垂れ流し”です。

しかし今、ステルスマーケティングに力を入れている
アフィリエイターの多くはまさにその“垂れ流し”を再現しています。

アクセスを集める事だけに気を取られ、
肝心な“その先にある媒体の魅力”をアピール出来ていないのです。

これこそまさに「小手先だけのテクニック」に頼り、
肝心なポイントを疎かにしている、
“稼げないアフィリエイター”の展開的な事例です。

ただ実際に多くのアフィリエイターはそこで挫折していきます。

“やるだけの事はやってアクセスも集めたけど稼げなかった。”

と、こう言うのです。

しかしそんなアフィリエイターに足りなかったもの。

それは他でも無く「コピーライティング」というスキルです。

小手先だけのマーケティングに頼りたがる初心者さんほど、

“文章が書けない、文章は苦手、コピペで稼ぎたい”

と、「文章」というものと向き合う事を避けますが、
結果的にそれが挫折の一番の要因となり、
また、一番の遠回りの原因となっているのです。

今後、ツイッターやフェイスブックのようなソーシャルネット。

いわゆるSNSというものの需要はスマートフォンの普及に押され、
今後も更に大きく拡大していくものと思います。

それと同時にどんどん新たな「マーケティング戦略」が生まれ、
ステルスマーケティングは更に盛んに取り入れられていくでしょう。

ただ、これだけは覚えておいてください。

いとも簡単に「大量のアクセス」を集められてしまうような、
手軽なマーケティング戦略が有効になっていくほど、
そこで重要となるのは他でも無くコピーライティングというスキルなのです。

手軽に集められるアクセスほどその質は「フラットなもの」になります。

そしてフラットなアクセスを有効に活かしていく為には
訪問者を一気に引き付けられるコピーというものが必要不可欠なのです。

これからのソーシャルネットがより全盛となっていく時代にこそ、
コピーライティングというスキルが更に重要になっていくという事です。

私の意見に共感は出来ずとも「理解」する事が出来るなら、
あなたはもうこのスキルを疎かにする事は出来ないと思います。

是非、今後ともこのブログや私のメールマガジン等を介して、
今後は更にその重要性を増していくであろう
コピーライティングというスキルを共に学んでいって頂ければ幸いです。

以上、ステルスマーケティングというものの可能性と、
それに伴うコピーライティングというスキルの重要性を説いた講義でした。

それではまた次回。

K.Uzaki

>コンテンツ一覧へ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年3月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:マーケティング

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ