宇崎恵吾の師匠とコピーを「共作」出来る究極のコピーライティング講座。

宇崎です。

今日はこれまで「ミリオンライティング」もしくは、
「コピーライティングアフィリエイト」を購入頂いた、
購入者の方へのみへ限定的にご案内していた、

「私の師匠がやっているあるコピーライティング講座」(的なもの。)

をご紹介したいと思います。

宇崎恵吾の師匠とコピーを「共作」出来る究極のコピーライティング講座


この企画への参加条件は「ミリオンライティング」もしくは、
「コピーライティングアフィリエイト」を購入頂いている事で、
その条件を変えるつもりは無いのですが、
既にこの企画の事を紹介しているアフィリエイターさんも出てきているので、
私の方からも一度、ご案内だけでもしておこうと思いました。

簡単に言うと、その企画というのは、

私の師匠と共に「セールスレター」を1つ書き上げ、
その制作過程を通してコピーライティングを学んでいただく


というものになります。

それ以上でもそれ以下でもない企画なのですが、
要するに私の師匠から直にコピー作成の手解きを受けながら、
1つのセールスレターを一緒に作成していく事が出来ます。

その共作作業そのものがコピーライティングを学んで頂く、
その「教育」のカリキュラムというわけです。

共作方法は「メール」「スカイプ」「対面」で、
1つのコピーを完成させるまで、
回数も期限も限定せずひたずら共作を進めていきます。

更にその「共作案件」は師匠の元に、
実際にクライアントから依頼されているものなので、
実際に共作したコピーはそのクライアントさんに納品され、
そのセールスレターで実際に情報商材等が販売されます。

勿論ですが師匠はこの企画の事のを
クライアントさんにも了承済みなので、

「共作体制でも変わらないクオリティのものを納品する」

という約束をクライアントさんの方と交わしています。

要するに師匠はどこの誰とコピーの共作をしても、
クライアントにきちんと納品できるレベルの
売れるコピーを作る自信があるという事です。

というか既にそれを何度もやっているんですけどね。

そしてこの企画の凄いところは、

実際に共作したコピーから商品が売れていく度、
師匠の方に発生していくコピー制作分のマージンの一部が、
実際に共作したこの企画の参加者さんに支払われる


というところ。

要するに師匠と共作したコピーの売上から、
師匠の取り分の一部が「報酬」として支払われます。


共作したセールスレターから受け取れる権利収入


それもその報酬は「ほんの一部」という話ではなく、
最高比率50%までその取り分を受け取れます。

要するに師匠の取り分を完全に折半するという事です。

基本、師匠はこの業界にありがちな、
期間を限定して売り切るような商品の依頼は受けません。

“自分が作成したコピーからは一生涯お金を生みたい。”

これが師匠の基本的なスタンスだからです。

よってこの企画に参加して共作したコピーからは、
その商品が売れ続ける限り一生涯、報酬が発生していきます。

コピー共作の際はそういう契約書も交わします。

簡単に言うとコピーの共作という形を経て、
師匠と一緒に実践的にコピーの作成過程を学び、
共に共作したコピーからはその対価報酬も受け取れるという事。

コピーの作り方を実践的に教わりながら、
それを「実益に繋がる仕事」としても進められるわけです。

最高水準レベルのコピーライティングのスキルを
まさに「手取り足取り」レベルで教えて貰えて、
その過程を経て作ったコピーから継続的な取り分も貰える。

その辺に転がっているような、
ただ一方的なコンテンツ提供を受けて終わってしまう、
高額アフィリエイト塾が完全に馬鹿らしくなる企画ではないかと思います。


更に「アフィリエイトビジネス」の総合コンサルも受けられます。


何せこの企画には、コピーの共作と同時に
師匠からアフィリエイト活動のコンサルを受けられる権利も付いてくるんです。

こっちを目的に参加している人も多いくらい、
これもとんでもなく手厚いコンサルをしてもらえるものになってます。

ただその参加費用は当然ですが「高い」です。

高くて当たり前なレベルの企画だからです。

それだけ「意識が高い人」に参加して欲しい企画だという事ですね。

だって、この条件で意識が低い人が入ってきたなら、
ただ師匠が大変な思いをして取り分の一部を取られて終わりです。

師匠がこの企画を通じて本質的に目指している者は

「生涯、一緒に仕事を出来るような強力なパートナーを育成する事」

です。

実際にこの企画を介してライティング力を上げた人達は、
師匠が関与する情報商材を率先して売ってくれる
師匠の強力なビジネスパートナーへと成長していってます。

毎月何百万円と師匠の教材を売ってくれるようなアフィリエイターも
この企画を介して育成されていっているんです。

要するに師匠がこの企画を進める事で得ているものは、
そういう「絶大な戦略になるビジネスパートナー」であり、
そういう人達を育てて、関係を築いていく企画なんだという事です。


師匠がこの企画で手にしているコンサル料の何倍もの「価値」。


「何故、師匠さんはそんなに稼いでいるのにこんな企画をやるんですか?」

みたいな質問をこの企画に対して受ける事がありますが、
これはこの企画で師匠が手にしているものの価値を考えてもらえばわかります。

現に毎月何百万という販売協力をしてくれるパートナーさんが
この企画を介して育っていっている訳ですから、
そういう人達から今後一生涯、師匠が手に出来る価値は計り知れません。

師匠からしてみればこういう企画をやるからこそ、
本来、自分一人では回せない数の制作依頼も受ける事が出来ます。

そしてその依頼を題材にしてコピーの共作を行う時点でも、
それなりの「コンサル料」を手にしているも事実です。

更に実際に共作していったコピーからも権利収入が生まれていきます。

更に更に、そこで育てた人達が強力なパートナーになっていくんです。

仕事、人材育成、長期的な収入源おの仕組みの構築。

全てにおいて効率的な流れが出来上がっていると思いませんか?

私は何て天才的に全てを合理化させているんだろうと関心しか出来ません。

この共作案件で手に出来る可能性がある対価


ちなみにですがつい先日リリースされ、
爆発的にヒットしている「ツイッターブレイン」のセールスレターは
この共作案件によって制作されたものでは「ありません」。

>ツイッターマーケティングツールの究極系「Twitter Brain」

これは1から10まで師匠が書き上げたコピーです。

ただこの案件そのものは実際に、
この企画の参加者さんにも提案されていました。

企画に参加頂いた際はどういうジャンルのコピーを共作するか、
その打ち合わせから始まるのですが、
最も多いのはやはり「ネットビジネス系」という希望です。

そういう希望を出された参加者様には、
実際に師匠のもとに来ているコピーの制作依頼の中から、
このような形でザックリとした依頼概要が伝えられます。

・ブログアフィリエイトで月収100万円を目指せる教材
・ユーチューブアフィリエイトで月収10万円を稼ぐ方法
・月収20万円も可能なフェイスブックのアフィリエイトノウハウ
・ツイッターでフォロワーを収集していくBOTツール


勿論、実際はもっと詳しい資料ですが、
簡単に言えばこういう感じで案件を選べるわけです。

ただ今回のツイッターブレインの依頼はあまり人気?が無く、
参加者の方々はほぼ決まって「稼ぐ」という事を全面に出している
それ以外の教材のような案件を共作の題材に選択されていました。

確かにザッと先ほどのような案件が並んでいたら
パッと見では「稼ぐ系」の案件の方が売れ安いだろうと思い、
そういう題材を選んでしまうのも無理は無いと思います。

とは言え、いざこうして師匠がコピーを書き上げれば、
それが非常に魅力的なコピーとなってたちまちヒット商品になります。

勿論、全てがそうなるとは言いませんが、
ツールの良さを引き出せばこうやって「売れるコピー」は
「稼いだ」とか「稼げる」系の事を一切書かなくても、
こうして普通に作成出来てしまうわけです。

少なくとも先ほどのツイッターブレインなどは先行販売、
インフォトップでの販売本数を併せて
3日ほどで150本以上、金額にして300万円近くは売れてます。


※クリックすると拡大できます。

まあ、これはスタートダッシュ的な売れ行きの典型例ですが
この教材は今後も売れ続けると思います。

何より今後は師匠が得意とする

“長期的なマーケティング戦略”

で最終的にはトータルして
累計5000本、売上高1億円とか、それくらいはいくと私は見てます。

現に私が著作したミリオンライティングなどは、
販売から1年たった今でも長期的に売れ続けていますからね。

師匠は短期でバッと売り切るようなやりかたでは無く、
長期的に「売り続ける」という売り方が好きなんです。

商品の質が高い商品力のある商品なら、
クチコミ効果も手伝ってそれが出来るという考えです。

現にそうやってミリオンライティングや
コピーライティングアフィリエイトは売れ続けています。

そんな師匠の「長期マーケティング」の恩恵を受けられるのも
この「共作企画」の魅力ではないかと思います。


師匠とコピーを共作できる企画への参加条件


ちょっと長くなりましたが、この企画について、
その参加条件なども含めて興味があります場合は、
こちらに参加資料のリンクを貼っておきますのでご覧になってみてください。

>コピー共作企画「コピーライティングアーカイブ」

参加に要する価格も価格ですので、押し売りするつもりは全くありません。

ただ本気でネットビジネスで「大きな成功」を掴みたい人にとっては、
おそらくこの企画ほど「手っ取り早いもの」は無いと思います。

勿論、これは「共作」によってもたらされる収入などの話ではありません。

お金なんて「稼ぐべくアクション」を起こせば幾らでも入ってくるんです。

重要なのはそのアクションを起こせる「実力」と「スキル」です。

少なくともこの企画はその実力とスキルを、
これ以上無い環境と条件で得られる最高の企画だと思います。

師匠の手ほどきを実際に受けて今のステージに立っているからこそ、
私は「本音」で「本気」でそう断言できます。

よろしければ資料だけでも目を通してみてください。

そこに何かアツいものを感じ、体温の上昇を感じたなら、
素直にその“衝動”に身を任せてしまうのもいいと思います。

それが「人生の転機」を受け入れ、足を踏み出す瞬間なのかもしれませんから。

というか、たぶんそうなると思います。

この共作カリキュラムでやっている師匠の「教え」は、本当に別格なので。

>コピー共作企画「コピーライティングアーカイブ」

ただこれは決して煽るつもりで言うわけではありませんが
この企画は師匠の方が手一杯になったなら、
その時点で募集は普通に「終了」となります。

当然です。

数限りなく何十名、何百名もの参加者を受け入れられる
その辺に転がっているアフィリエイト塾などとは訳が違うのですから。

そういう意味でも募集が継続されていて、
その募集案内をこうして読めているうちは、
あなたの目の前にまさに「チャンス」が転がっていると思ってください。


でも、そのチャンスはずっと転がっているかはわかりません。

それに手を伸ばすかどうかは、他でも無い「あなた」次第です。

ただ背中を押して欲しいなら幾らでも強く押してあげますよ。

これは絶対に参加して損はない企画なので。

まあ、高額ですから何かあれば私に相談してくれても結構です。

とくに聞かれて答えられないことはありませんので。

それではまた。

k.Uzaki


関連記事


>コピーライティング・アーカイブに寄せられている相談、質問への回答。

>コピーライティング・アーカイブへのQ&A(8月29日追加分)

>Copyrighting Affiliate ProgramとCopywriting Archiveの違い

>コピーライティング・アーカイブで養えるコピーライティングに必要な3つの能力。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年5月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コピーライティング・アーカイブ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ