動画で稼ぐか文章で稼ぐか。Youtubeアドセンスとグーグルアドセンス。

宇崎です。

今、こちらのYoutube系の教材が話題になっています。

>YouTubeAdsense攻略情報共有プログラム

こちらは「Youtubeアドセンス」で稼ぐノウハウを、
その「稼いでいる動画事例」と共に公開している教材なのですが、
今は従来のグーグルアドセンスよりもこのYoutube動画を利用した
Youtubeアドセンスの方が稼ぎやすいという風潮になっているようです。

ブログなどにアクセスを集めるよりも、
Youtube動画にアクセスを集めて再生してもらう方が、
実質的に「ハードルが低い」とされていて、

「収入に繋がるかわからないブログに記事を投稿していくより、
 少しづつでも確実な収入になる動画を投稿していく方が楽。」


というような人はどんどんYoutubeアドセンスに流れているみたいですね。

それでも私のようなコピーライターとしては、
テキスト重視の記事を更新してブログを収益化する
従来のグーグルアドセンスと今話題のYoutubeアドセンスとでは、
立場上は“グーグルアドセンスを推すべき”なのだと思います。

ただこのブログを見て頂いてもお分かり頂ける通り、
私は一切グーグルアドセンス等の広告を貼り付けていません。

今日はその辺りの理由と動画で稼ぐYoutubeアドセンスと、
従来の文章(テキスト)で稼ぐグーグルアドセンス、
それぞれを比較した私なりの見解を記事にしてみたいと思います。

動画で稼ぐか文章で稼ぐか。Youtubeアドセンスとグーグルアドセンス


従来のグーグルアドセンスとYoutubeを利用したYoutubeアドセンス。

確かに根本的に文章を考えて書く事自体が苦手な人でも、
スマートフォンやデジカメで動画を撮る事は簡単に出来ます。

Youtubeをみれば分かりますが実際によく再生されている動画、
すなわち「Youtubeアドセンスで稼いでいる動画」は、
わりとどうでもいい、誰でも簡単に撮れるような動画が多いので、

「こんな動画でいいなら、ブログに記事を書くより全然いい。」

という人が新たなネットビジネスの選択肢として、
Youtubeアドセンスなどを始めていくのも十分に頷けるところです。

文章を書く事を仕事としている私としては、
前々、パソコンに向かってキーボードを叩き、
ブログに記事を投稿していく方が楽だと思ってしまうですが
決してそうではない層の人達がいる事は重々私も承知しています。

それこそ若い世代の人達などはパソコンよりも、
スマートフォンなどの扱いに慣れている人が多いので、
そういう人達もYoutubeアドセンスに流れているのかもしれません。

ただ、私もとくに「グーグルアドセンス」に関しては、
そこをメインにブログなどをやっていた事はほとんど無く、
全く経験が無いわけではありませんが、
あれはある意味「コピーライティング」というスキルを、
やや持て余してしまう傾向にある広告ビジネスだと思っています。

何故なら記事の中で「広告をクリックさせる」という事を目的に、
そのアクションを誘発する事を書いてはいけないからです。

グーグルアドセンスにはそういう規約があるんですね。

なので、基本的にグーグルアドセンスを主体とするブログは、
記事をある程度は「読ませなければならない」わけですが、
そこで直接的にアクションを誘発する事は出来ません。

要するにコピーライティグのスキルを持て余すわけです。

仮にグーグルアドセンスで稼ぐ事が目的のブログを作った場合、
当然ブログの目的はその広告をクリックしてもらう事ですが
それを「意図的に行動させていはいけない」わけですからね。

“読み手を反応させ、行動を起こさせる”

というコピーライティングのスキルを、
そのままダイレクトに活かせない歯痒さがあるんです。

となるとブログ1記事1記事の「役割」は、
とにかくアクセスを呼び込んでいく事と、
それなりに記事を読ませてブログを徘徊させていく事。

そうする事でアクセス数とクリック率を上げていくわけです。

勿論、これにもコピーライティングのスキルが役立てられますが
そのポテンシャルを最大に引き出せるものかと言えば、
ハッキリ言って「微妙」だと思ってしまいます。

それなら「成約型」のアフィリエイトをして、
売り込みたい商品を売るべくして売っていったり、
読者(リスト)を集めてDRMを仕掛けていく方が、
遥かにそのスキルを有用に活かせると思うわけですね。


私がブログにグーグルアドセンスを貼らない理由


実際のところグーグルアドセンスの広告をブログに貼る事自体、
ほんの数十円規模のクリック報酬の為に、
大切な訪問者を外に逃がしている事にしかなりません。

きちんと読者を集めて信頼関係を築いていきたい私にとって、
グーグルアドセンスという「出口」を作る事は、
むしろただただ見込み客を逃がしているだけであり、
そういう理由から私はこのブログに、
グーグルアドセンスの広告等は一切貼っていないわけです。

これは私が提供しているアフィリエイトプログラムでも同じで、
基本的にグーグルアドセンスを貼るような事は、
そのプログラム内でも一切推奨していません。

「貼らない方が儲かるから。」

というのが一番の理由であり、

「貼らない方が儲かるようなブログにするべき」

というのが、私の考えだからです。

そういう視点で見るとグーグルアドセンスに向いている人は、
あまりコピーライティングというスキルを突き詰める気は無く、

「比較的無機質な文章を淡々と書き続ける事に苦を感じない人」

などがそれに当たると思います。

それこそ「トレンドアフィリエイト」などの手法が
性格上も含めて性に合っている人ですね。

毎日移り変わるトレンドキーワードにちなんで、
何かしらの記事を淡々と書き続けていく事が得意な人です。

私も決して「不得意」というわけではありませんが
さすがにそういう記事を毎日書いていくのは「苦痛」です。

それならもっと「人に影響を与えられる文章」をしっかりと書いて、
それを多くの人に届けて喜んでもらえる方がいいと思ってしまいます。

要するに私とは真逆の考えの人にとっては、
グーグルアドセンスを主体としたブログに対して、
淡々と記事を投稿していくのが性に合っているという事ですね。

ただ私のような考えに至るわけでもなく、
また機械的な記事の更新にも苦痛を感じてしまうと言う人。

これまで、そういう人がネットで稼ぎたかった場合、
選択肢としては「せどり」などの転売ビジネスが、
言わば残された道となっていたわけですが、
そこに新たに登場してきたのがYoutubeアドセンスだと思います。


Youtubeアドセンスの優位性


せどりでも転売でも無く「文章を書く」という事を避けて
ネットビジネスで収入を得られる新しい術。

それがYoutubeアドセンスだと言っていいと思います。

要するに私が最もその重要性を提唱している、
コピーライティングのスキルを一切持ち得ていなくても
Youtubeアドセンスは実際に収入を得る事が出来ます。

そういう観点ではあえてこのブログで、
こうして取り上げるようなビジネスではないかもしれませんが、
私的にあえて批判するような要素も無いビジネスですので、

「コピーライティングを避けたければこういう選択肢もある」

くらいのニュアンスでこうしてご紹介している程度の話です。

あと、冒頭でご紹介した情報商材のセールスレター。

こちらを私の師匠が手掛けたというのもありますね(笑)

>YouTubeAdsense攻略情報共有プログラム

ただ私自身も教材内容を普通に確認済みですが、
内容、価格、コンセプト、もろもろを含め、
現状、出回っていたYoutube系の教材やの中では
間違いなく断トツだと思います。

少なくともそういう商品で無ければ、
いかに私や師匠がコピーを手掛けた情報商材であっても、
あえてこのブログでこうして紹介したりはしませんので。

ちなみにこのセールスレターも成約率は普通に7~8%代で、
販売から1週間くらいで600本近い申し込みがあったみたいです。

セールスレターを参考にするだけでも勉強になりますので

・宇崎の師匠が書いたセールスレターなら読んで勉強したい
・そもそもYoutubeアドセンスに興味があった


そんな人は是非、コピーだけでも読んでおいてください。

コピーライティング(セールスレター)の参考資料として
私の「ミリオンライティング」の教材内容の方と
照らし合わせて読んでいってもらうと、
一層、理解が深まり、勉強になるのではないかと思います。

>YouTubeAdsense攻略情報共有プログラム

それでは。

K.Uzaki

>コンテンツ一覧へ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年10月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:Youtubeマーケティング

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ