PPC広告、PPCアフィリエイトとコピーライティング。

宇崎です。

ここ最近、インフォトップでPPCアフィリエイト系の教材が
幾つか売れ筋になっているのを見て、

「そう言えばPPC広告を題材にした講義をしていなかったな。」

と思い、今回はこのテーマで講義をしてみる事にしました。

PPC広告、PPCアフィリエイトとコピーライティング。


PPC広告はグーグルやヤフーなどの検索エンジンで、
何からしらのキーワード検索を行った際、
検索結果の最上段やサイドバーに表示される広告の事で、
ここに広告を掲載してアフィリエイトで稼ぐ手法が一般的に

「PPCアフィリエイト」

と呼ばれています。

当然PPCアフィリエイトは「広告」を利用したものになりますので、
いざ実践していくにはそれなりの「広告費」がかかります。

ただPPC広告はその特徴として「クリック課金型」である事から、
広告がクリックされない限りは広告費は発生しません。

要するに検索エンジンに表示された広告が
実際にクリックされて初めて広告費が発生します。

そしてその広告費は「広告を掲載するキーワード」ごとに、
他の広告出稿者との「入札制」で決まるものになっています。

「ダイエット」というキーワードでの検索結果に対して
自分の広告を「上位」に表示させたい場合は、
同じく「ダイエット」のキーワードで広告を出している人と
その「ワンクリックあたりの広告費」を競い合うわけです。

広告を出した人が多い人気のキーワードほど単価が高く、
そうではないキーワードは単価が安くなり、
最低「1円」からでも広告を表示できるキーワードもありますので、
PPC広告、PPCアフィリエイトは
比較的、資金が乏しい状況からでも始める事が出来ます。

それこそ「ダイエット」のようなビッグキーワードは
大手の企業さんや資金力のある広告主が牛耳っていますが、
中には検索ボリュームがそこそこあるわりに、
広告単価が安い「お宝キーワード」も存在しますので、
PPC広告、PPCアフィリエイトのポイントは

「広告単価が安いお宝キーワードをいかに見つけられるか」

が1つのポイントにもなってきます。

ただいかに検索数が多くて単価が安いキーワードを見つけても、
「アクセスの質」の方も考慮していかない事には、
いざ広告がクリックされても売上には繋がっていきません。

その「アクセスの質」も含めた上で、
検索ボリュームとそこからの誘導率、成約率を
それぞれ一定基準以上保てるものが「お宝キーワード」なわけです。


PPCのポイントは広告単価とコンバージョン率。


どれくらいの訪問者をPPC広告から誘導出来た上で、
何割の人が目的のアクションを起こしてくれるか。

これが「コンバージョン率」というもので、
この「割合」と「1クリックあたりの広告単価」を考慮して、
広告費用以上の「利益」を見込めるキーワードを見つけていく事が、
PPC広告、PPCアフィリエイトのポイントになります。

一見これは「キーワード選び」が“全て”のように思えますが
実はそれと同じくらい、もしくはそれ以上に重要なポイントがあります。

それが「広告をクリックさせた先にあるページそのものの成約率」です。

確かに「成約率」や「コンバージョン率」は、
キーワードによっても大きく左右されますし、
いかに単価が安くて「数」も「質」も良い
お宝キーワードを見つけていけるかが大きな分岐点でもありますが

「広告ページそのものの出来栄え」

も当然ながら「成約率」「コンバージョン率」を大きく左右します。

そしてその「広告ページそのものの出来栄え」や、
広告ページそのものの成約率を大きく左右するもの、、、。

これは言うまでも無く「コピー」です。

勿論、デザインなども重要な比重を占めますが、
やはり「コピー」がその成約率を左右する事は間違いありません。

まさにここで「コピーライティングのスキル」が要求されるわけです。

また実はこれは意外に見落とされがちですが、
検索エンジンに表示される広告そのものの「クリック率」も、
その「広告コピー(広告文)」によって左右されます。

更に言うとその「広告コピー(広告文)」は、
ただクリック数を引き上が得れば良いというものでは無く、
意図しないクリック(成約に繋がらないクリック)を
いかに「させないか」も重要なポイントになっていきます。

PPC広告は「とにかくクリックされればいい」という訳ではありません。

「ただクリックされるだけ」で広告費がかかるからです。

要するに興味本位レベルでクリックされるような広告文を出すより、

「購買意欲や行動意欲が高い人だけにクリックされる広告文」

を出していった方がコンバージョン率を高められるわけですね。

そんな「広告をクリックして欲しくない人」を排除し、
「クリックして欲しい人」だけに反応してもらう広告文を作るには
コピーライティングのスキルは必要不可欠だと思います。

つまりPPC広告、PPCアフィリエイトは、
コピーライティングのスキルがあってこそ、
より有効にその広告や戦略を駆使出来るものだという事です。


PPC広告にこそコピーライティングは必要不可欠。


PPC広告の利用やPPCアフィリエイトは、
すぐにでも高い集客力を発揮出来るという点で、
集客の即効性を求める人や集客力に乏しい初心者などが
いざ気軽に始めてみては思うような成果を上げられず、
ただグーグルやヤフーを潤わせて終わっている傾向にあります。

これはまさに「キーワードの選び方」などの
戦略的な弱さもあると思います。

ただそれ以上に「コピーライティング力の乏しさ」も大きく、
いかに手軽で即効性のある集客戦略を駆使していけるとしても
「コピーライティングのスキル」はやはり必要不可欠なわけです。

むしろこのような「手軽で即効性のある集客の術」があるからこそ、
ネットビジネスの世界はコピーライティングのスキルさえあれば、
PPC広告のような即効性のある広告を利用して、
すぐにでも結果を出していけると言えるのではないでしょうか。

お金に頼れば幾らでも属性を絞った見込み客を集められるわけですから、
そこに「反応が取れるコピー」があればお金をかけていった分だけ
幾らでもそれ以上のリターンを得ていく事が出来ます。

つまり1000円、1万円、10万円という広告費を
いかに「それ以上のリターンに変えていけるか」は
コピーライティングにかかっていると言っても過言ではありません。

私がマーケティングよりもコピーライティングの重要性を説く理由。

その1つには今回題材として挙げた「PPC広告」のような、
誰もがすぐに有効に活用できる即効性のある集客網があるからであり、

「圧倒的なマーケティング力はお金の力で容易にモノに出来る」

という事です。

その答えの1つがPPC広告、PPCアフィリエイトという事ですね。

ただこれらにこそコピーライティングのスキルが必要であり、
このスキルがあればそのリターンを何倍にも出来る余地が出てきます。

PPC広告の利用やアフィリエイトをやっていると言う人こそ、
是非、コピーライティングスキルの向上を図っていってください。

それではまた次回。

K.Uzaki

>コンテンツ一覧へ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年12月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:マーケティング

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ