ネットビジネスを始める9割以上の人が躓いてしまう壁。

それは他でもなく「集客の壁」であり、
多くのネットビジネス参入者は、その「集客」が上手くいかず、
成果を上げる前に「挫折」への道を辿ってしまっている傾向にあります。

先立つ「集客」が上手くいかないからこそ、結果を出す事が出来ず、
やはてモチベーションが下がってしまい継続を諦めてしまっているのです。


では、そんな集客の壁を超える事が出来ている人と、
その壁を超えられずに挫折の道を辿っている人の違いは何なのか。

それは見込み客を集めるべくして集める事が出来る、
それだけの「集客の術」を用いることができているかどうかであり、

『それに準じた「然るべきスキル」を有しているかどうか』

が非常に大きな分かれ目になっているのが実状だと思います。

ただ、ここで言う「集客の壁」にあたるものは、
自らのメディア(ブログなど)にただアクセスを集める事を指すものではなく、
あくまでも「成果に結び付くような見込み客を集める事」を指すものです。

つまり、ネットビジネスにおける「集客」の本質は、
成果に結び付くような見込み客を集めていく事に他なりません。


そして、そんな「成果に結び付くような見込み客」を
集めるべくして集められる「最善の術」にあたるものは、
やはり「検索エンジンからの集客」に他ならないと思います。

更に言えば、そのために必要不可欠となる「然るべきスキル」は、
そのコンテンツ作りを担う「ライティングのスキル」に他ならないのです。






今は動画(YouTube)やSNS(Twitter、Faacebook)など、
多くの集客の術が選択肢として挙げられる時代です。

ただ、その中でも「集客効果の高さ」という点では、
やはり「検索エンジンからの集客」に勝るものはありません。


特定の情報を求めているインターネット利用者を、
検索キーワードを前提に集客できるのは検索エンジンのみであり、
このような特性は他の集客サイトには存在しないからです。

また、YouTubeやTwitter、FaacebookなどのSNSは、
やはり娯楽や暇潰しを前提とする利用者が大半を占めています。

つまり、特定の情報を求めているインターネットの利用者を、
そのニーズを前提に集客ができるのも検索エンジンだけなのです。


娯楽や暇潰しを目的に、何を求めているのかも分からない人達と、
何を求めているのかがハッキリと明確になっている人達。

どちらが高い集客効果を発揮できるかは言うまでもありません。

そして、その「検索エンジンからの集客」において、
最もその「成果」を大きく左右していく事になるものは、

「コンテンツそのものの質(価値)」

に他ならないのが、今の検索エンジン対策の実状です。

では、その「コンテンツの質」を左右するものは何か。

それこそが、その「コンテンツ作り」そのものを担う、
ライティングのスキルに他ならないという事です。





大前提として、検索エンジンが本質的に目指している事は、
キーワードを検索した利用者に対して、

・その利用者が「価値」を感じるサイト
・その利用者が「求めている情報」を提供しているサイト


このようなサイトを的確に表示していく事であり、
その精度を高めるために今も検索エンジンは進化を続けています。

実際に入力された「検索キーワード」に対して、

・最も的確な情報を提供しているサイト
・利用者が価値を感じるであろうサイト


これらを上位に表示できるアルゴリズムを追求し続けているという事です。

そして、そのアルゴリズムの精度を最も高められているのが、
現在の主要検索エンジンである「グーグル」に他なりません。

現に今の時点でもグーグルの検索エンジンにおいては、
人工知能並みのアルゴリズムを確立していると言われています。


まさに、キーワードを入力してアクセスしてきた訪問者が、

「求めている情報が的確に示されている」
「価値のある情報が提供されている」


といった反応を示す可能性が高いコンテンツこそが「評価」され、
実際に上位表示される仕組み(アルゴリズム)が確立されているのです。

故に、検索エンジン対策は、

『訪問者目線によるコンテンツの評価(満足度)』

こそを重要視するべきであり、その評価を高めるものは、
やはりそのコンテンツを構成する「文章」に他なりません。

訪問者の反応を高められるような文章でコンテンツを作り上げていく事。

これこそが、検索エンジン対策の本質的な「答え」で事であり、
そんな文章を自在に書き上げていくために必須となるスキルこそが、
他でもない「コピーライティング」なのです。




その「訪問者の満足度」を図る指標として、
検索エンジンが最も重要視していると言われているのが、

・検索エンジンからアクセス誘導した訪問者の滞在時間
・検索エンジンからアクセス誘導した訪問者のページ観覧数


この2つの要素であり、これらの数字が高くなるほど、
検索エンジンはサイト(コンテンツ)の評価を高めると言われています。

検索エンジンを介して実際にアクセスしてきた訪問者が、
そのサイトに長く滞在して多くのページを観覧したという事は、
サイト内のコンテンツに価値を感じていると考えられるからです。


少なくとも、先立って訪問したページに「価値」を感じなければ、
そのサイト内で別のページを観覧していこうとは思わないはずです。

 目にしたページが詰まらなかった ⇒ 戻るボタン、閉じるボタンを押す

というのが多くの訪問者が取るであろう当然の行動であり、

 目にしたページに価値を感じた  そのサイト内の別のページにも目を通していく

という行動こそが、その「滞在時間」を伸ばす事になり、
同時に「ページの観覧数」を伸ばしていく事にも繋がっていきます。

つまり、先ほど挙げたような

・検索エンジンからアクセス誘導した訪問者の滞在時間
・検索エンジンからアクセス誘導した訪問者のページ観覧数


これらの数字が伸びていくようなサイトというのは、
訪問者を満足させる情報を提供している可能性が高いのです。

だからこそ、検索エンジンは訪問者のサイト内の滞在時間、
ページ観覧数が伸びているサイトの評価を高めていく傾向にあります、


それらを伸ばせるコンテンツを作っていく事こそが、
検索エンジンの「評価」に結び付いていくという事です。





ただ、実質的に大多数のサイト運営者、ブログ運営者などは、
その不可欠な「ライティングのスキル」を身につける事が出来ていません。

故に、アフィリエイトなどの広告ビジネスにおいては、
その95%が稼げないという結果になってしまっているのです。


例えば、書き上げた記事を検索結果の2ページ目以降に表示させる事は、
キーワードによっては、そこまで難しいことではありませんが、
そこからでも僅かながらのアクセスは入ってきます。

言わば、その時、

「その訪問者がどういう動きを取るか」

が重要であり、その段階でろくに記事を読まれるような事もないまま、
訪問者が即、退室してしまうようでは、そもそも話になりません。

 即、退室した(戻る、閉じるボタンを押した)= コンテンツが不適切だった

検索エンジンはこのような判断を下す事になり、
その時点で検索エンジンからの評価も下がってしまうからです。


だからこそ検索エンジンからの訪問者においては、
まず記事を読んでもらう必要があります。

実際に訪問者に相応の「価値」を提供し、
そこから相応の「満足感」を引き出していく為には、
まず「記事を読ませる」という段階をクリアしなければならないのです。


ただ、訪問者がまず目にするのは記事の頭の冒頭文に他ならないため、
その為には「続きが読みたくなる冒頭文」を作る必要があります

つまり、サイトやブログに投稿していくコンテンツ(記事)においては、

『その冒頭文から検索エンジン対策を意識する必要がある』

という事です。



基本的に検索エンジンからアクセスしてくる訪問者というのは、
その記事を「読む」という意識を固めて訪問してくるわけではありません。

「このサイトは自分が求めている情報を提供してくれているか」

これをまず見定めるような意識で冒頭文や記事の全体を捉え、
そのサイトに滞在するかどうかを判断していく訪問者が大半だからです。

故に、実際にサイト(ブログ)を構成していくコンテンツにおいては、
冒頭文の段階における「掴み」が非常に重要になってきます。


そんな「訪問者の意識を鷲掴みに出来るような冒頭文」を構成してこそ、
その1つ1つの記事が「読まれる記事」になっていくのです。

しかし、現実として大多数のサイト運営者は、
この「出だし」の段階で大きく損をしている傾向にあり、
そのためにコンテンツが「評価」されていない傾向にあります。


実際に投稿した記事が2ページ目以降にサイトが表示された際、
そこから入ってきた僅かなアクセス(訪問者)さえ、
即座に逃がしてしまっている傾向にあるからです。

当然、そのようなコンテンツばかりのサイトが
検索エンジンに「評価」されるはずがありません。

訪問者が即座に退室している = そのサイトの情報には価値が無い

検索エンジンは普通にこのような判断を下していく
人工知能並みのアルゴリズムを既に確立しているからです。

そして検索エンジンの仕組みは今も常に進化し続けているのです。



検索エンジン対策の究極的な「答え」にあたるものは、
ほぼ、これに集約されると言っても過言ではありません。

・まずは読ませる。
・その文章にグイグイと訪問者を引き込んでいく。
・そのサイト内のコンテンツを次々と読ませ続けていく。


このような訪問者が続出するようなサイト(コンテンツ)は、
たとえ公開時点の順位が3〜4ページ目以降であったとしても、
その「順位」を時間の経過と共にグイグイ上げていく事になります。

検索エンジンからアクセスしてきた訪問者の「動き」こそが、
そのサイト内のコンテンツの価値や質を示す指標に他ならない以上、
訪問者が次々とサイト内を次々と巡回していくようなサイトは
おのずと検索エンジンに評価されていくようになるのです。

端的に言えば、その積み重ねによってこそ、
サイト全体の検索エンジンからの「評価」が決まり、
その評価の上で1つ1つのコンテンツの表示順位が決まっていきます。

だからこそ、検索エンジン対策においては、

・まず記事を読ませるだけの興味を引き出せる文章
・そのままグイグイと読み手を引き込める文章
・更に別のコンテンツを読む進めていく意欲を引き出せる文章

このような文章を自在に書き出せる「原則」を知り、
そのためのポイントをしっかりと押さえていく必要があるのです。

まさにそのような「文章のスキル」こそが、検索エンジン対策において、
何よりも高いパフォーマンスを発揮していくという事です。





例えば私が実際に運営している

「コピーライティング至上主義者の会」

というブログ1つを例に挙げても、
このメディアを介して上げている以下のような数字(実績)は、
検索エンジンを入口に集めていったアクセスから生み出しています。

インフォトップアフィリエイターアカウント累計報酬:3,243万2,167円(2017年1月時点)


インフォトップインフォプレナーアカウント累計報酬:5,179万9,180円(2017年1月時点)


アドモール管理アカウント累計報酬:1億4,518万円(2017年1月時点)


これだけの数字(実績)を生み出している「大元」は、
私のブログで既に「投稿済み」となっている、

「約200記事ほどのコンテンツ」

を介して集めている検索エンジンからの「アクセス」に他なりません。

「コピーライティング至上主義者の会」総投稿記事数(2017年1月時点)


インフォプレナーとしての報酬に関しては、
他のアフィリエイターの協力によって上がっているものもありますので
この数字全てが私のブログを介したものというわけではありません。

ですが、この3〜4割ほどに相当する数字は紛れも無く、
検索エンジン集客を主とする私のブログを介して生み出しているものです。


実際はこれ以外にも「バックエンド」にあたる教材専用のアカウント、
2017年以降に開催した高額セミナーなどの売上などもあり、
メディア全体で売り上げている数字という点ではこの数倍に上ります。

私がブログを開設したのは2013年の中旬ですので、

「検索エンジンに適応した然るべきライティングのスキル」

を実用していけば、年間50ほどの記事を投稿していくだけでも、
こうして億単位の実績を生み出せるだけのアクセスを
検索エンジンを介して集める事ができてしまうという事です。





もちろん、先程の私の実績は集客後のブランディング、
マーケティングによって生み出せている事も否定はしません。

ですが、それだけの結果に結び付けられるだけの
質の高いアクセスを集める事が出来ているという事であり、
そうでなければ、どんなにマーケティングに力を入れても、
ここまでの成果を上げる事は出来ないと思います。


何より、検索エンジン集客における優位性は、

「検索キーワードによってターゲットを絞り込める事」

にあるため、この特性を前提に集客を施していけば、
多くのアクセスを集めずとも成果は十分に上げられるのです。

成果に結びつくはずもないアクセスを何千、何万と集めても、
結果的に得られる成果は「0」でしかありません。

検索エンジン集客は「数」よりも「質」を重視するべきなのです。

そして、その「質」を高めるために必要なのは、
然るべきターゲットが検索しているキーワードを狙う事であり、
この「キーワード対策」も検索エンジン集客においては、
ライティングのスキルと同等に重要なものであると言えます。

その「検索キーワード」を前提とした有益なコンテンツを
然るべき「ライティングの原則」を押さえて作り上げていく事。

これこそが「検索エンジン対策の本質」であり、
SEO対策の神髄であると言っても過言ではないのです。





今や検索エンジン集客は特定の単体キーワードのみを狙い、
そのキーワードで上位表示を狙うようなSEO対策は、
ハッキリ言って時代遅れであり、不毛なだけなのが実状です。

そのような単体キーワードは、上位表示を取る労力に対して、
そこから得られる集客効果(リターン)が余りにも低いからです。


故に、検索エンジンからの集客においては、
ターゲットのニーズ(求める情報)が鮮明に現れていく、
いわゆる「複合キーワード」を併せて狙っていくべきであり、

「ターゲットのニーズを捉えたキーワードを複合的に狙っていく事」

こそが、質の高いアクセスを合理的に呼び込む事に繋がっていきます。

いかに集客効果の高いキーワードを狙ってコンテンツを作り、
極めて質の高いアクセスのみを合理的に呼び込んでいくか。


これこそが今回の「SEO Writing」の大原則であるという事です。

少なくとも、特定のキーワードのみに固執していく、
不毛なだけの対策は、この講座では一切言及していません。

あくまでもニーズが明確化されたキーワードを複合的に狙い、
それに適応したコンテンツ(記事)作りを徹底していくことで
1つ1つのコンテンツがそれぞれのキーワードを網羅し、
質の高いアクセスをニーズごとに集めていく役割を担っていくのです。

そして、これを徹底的に追及していったメディアこそが、
200記事ほどで億の実績を上げている私のブログに他なりません。


この「SEO Writing」で追及している検索エンジン対策は、
実際にそれくらいの集客効果を発揮するものであるという事です。





その上で、この手紙でご案内する

「SEO writing」

は、そんな検索エンジンの上位対策(SEO対策)を意識した文章の原則、
その「書き方」に重点を置くライティング講座になります。

基本的にコピーライティングと呼ばれる文章のスキルは、
読み手側の「心理」を対象として捉えていくものになりますが、

この講座はそこにもう1つの対象として「検索エンジン」を加え、
その然るべき理論、原則を追及しているものである


という事です。

とは言え、これは「検索エンジンに好まれる文章」を追及し、
そのような文章の書き方を教えるといったものではありません。

仮に「検索エンジンに好まれる文章」というものがあるとするなら、
それは他でもなく「検索エンジンの利用者に好まれる文章」であり、

そしてそれは「人の心理原則に沿った文章」に他ならないからです。

何より、検索エンジンが追及しているものは、

「利用者が求める情報(価値を感じる情報)を提供していく事」

であり、そうであるからこそ検索エンジンの上位表示対策においては、
そんな情報を的確に提供できるコンテンツ作りを徹底しなければなりません。

そして、実際にそれを追及していけば、おのずとその「答え」は、
コンテンツ作りを担う「ライティング」のスキルに行き着く事になります。


つまり、検索エンジンの上位表示対策という点においても、
コピーライティングのスキルは重要度の高いスキルに他ならないのです。

その上で、この「SEO writing」は、

「検索エンジン対策を前提としたコピーライティング講座」

として、以下のような内容を講義していくテキスト教材となっています。



SEO対策の為のコピーライティング講座「SEO Writing」








Module-0:Introduction
SEO Writing講座について

Module-1:Relationship   
SEO対策とコピーライティング
進化し続ける検索エンジンの本質的ロジック
Googleの評価=訪問者の評価という原則
その本質的評価を高める外部的要素

Module-2:Keyword  
検索者心理とキーワード
キーワード予測とその原則的視点
複合キーワードの考え方

Module-3:Contents title 
タイトルの重要性
検索者心理とタイトルキーワード
観覧者心理と訴求性
検索エンジンの特性とキーワードの優先順位

Module-4:SEO writing 
動機を引き出す意識段階
潜在意識と滞在の動機
潜在的判断と動作パターン
訴求点を「直感」させる冒頭構成
訴求点を「感覚的」に引き出す全体構成
滞在時間と巡回率
コンテンツキーワード
上位表示の指標

Module-5:Case Study
Case word:コピーライティング
Case word:ヒトラー×演説×テクニック
Case word:プロスペクト理論×損失回避の法則
Case word:架空請求×メール×文面

Module-6:Conclusion
SEO writing 総括

全182P<約85,000字>

4


7
13
15
18


27
30
36


47
52
56
60


67
71
75
77
85
105
124
127


135
139
157
165


181

 



 上記のような題目(目次)を踏まえた講座内容は以下のようなものです。

検索エンジンの上位対策において最も重要な事は、検索エンジン(Google)が追及している「方針」と「理念」に従う事。それらに「追従」する為に必要不可欠なコピーライティングと検索エンジンの共通原則。

多くの人が捉える「小手先レベルのSEO対策」が今後は更に通用しなくなり、コンテンツ至上の視点を追求するSEO対策だけが有効性を向上させていく現実を捉えた「本質のみ」を貫く検索エンジン対策の全容。

本書が提唱する「SEOに徹したライティングスキルを駆使して生成していったコンテンツ」の1つ1つが、決して検索エンジン(GooGle)に見逃される事なく、評価され、上位表示されていく理由と根拠。

検索エンジンが訪問者の「満足度」を図り、それを検索結果に反映しているロジックと、そのロジックを「合理的」且つ「効果的」に押さえていく事が出来るコンテンツ構成。

Google(検索エンジン)が指標としている「訪問者の満足度を高い水準で満たせるコンテンツ」を、コピーライティングのスキルを駆使して作るべくして作り込んでいく為の原則。

Googleからのアクセス時における観覧者の「動作」を最適化する為に意識するべき2つの指標と、その向上を図る為に徹底しなければならないコンテンツの構成要素。

Googleの進化によって、今はほぼ無意味に等しくなった人為的な被リンクを無益に増やし続ける行為とは「真逆」な視点で展開するGoogleの評価を高める為の本質的被リンク対策。

伝えるべき事を伝え、意図する反応や行動を読み手から引き出していくコピーライティングの原則に加え、検索エンジン集客を目的としたコンテンツの構築、作成において併せて捉えていく必要がある前提意識。

検索エンジン集客のパフォーマンスを各段に引き上げ、そのコンテンツの「内容」と「質」を大きく左右していく「ターゲット設定」と「キーワード選定」の原則的視点。

ターゲットの欲求、願望、悩みの全てを反映する「検索キーワード」を俯瞰的に捉え、「見込み客」を滞りなく集め続けられる「貴重な情報源」を並行して作り上げるアウトプット法。

どのようなジャンルの、どのようなターゲットにも共通して実用可能な、競合(ライバル)が少なく、すぐにでも上位表示を狙える即効性がありながら、極めて購買意欲の高い良質な見込み客を呼び込める「コア」なスモールキーワード戦略。

多くのサイト運営者が押さえられていない、検索ボリューム、競合の多さ以上に重視しなければならない「コンテンツの質」と、その「生成プロセス」そのものを飛躍的に向上させる為の「複合キーワード」の選定における重要な要素。

立ち上げたばかりのサイトでもたちまち良質な見込み客を呼び込める「即効性の高いキーワード」と並行して後発的に「ビッグキーワード」の上位表示も実現させていく「合理性」を追求したコンテンツ生成の段階戦略。

検索エンジン対策において最も重要度の高い「ページタイトル」を最適化する為に必要不可欠と言える「検索者心理」と「観覧者心理」を捉える前提原則。

検索エンジン対策における優位性を各段に引き上げる「ターゲット」「キーワード」「タイトル」そして「コンテンツ内容」を密接に関連付け、結び付ける4大要素の構成における鉄則。

検索者の直観的感覚に突き刺さる「タイトルコピー」を作り上げる為の、その「需要」と「心理」を押さえ込んでいく的確な「キーワード」の選択基準。

決して「集客」を目的として作成したわけではないコンテンツさえも含めて、サイト(ブログ)を構成していく「全てのコンテンツ」における、その「集客効果」を着実に高めていく為に、徹底して押さえていくべきたった1つの意識要因。

アルゴリズムが同じであるはずの主要検索エンジン「Yahoo!」と「Google」において、1点のみ明確な線引きを踏まえて意識していく必要がある「ページタイトル」における重要な要素。

多くのブログが犯している絶対にやってはならないSEO対策における効果を各段に下げてしまうタイトルの付け方と、それを180度プラス方向に改善してしまう「キーワード」を前提としたタイトル構成の鉄則。

検索結果の一覧情報を観覧する検索エンジン利用者の視線を釘付けにし、その検索需要をエグるように刺激し、一気に関心を引き付ける、訴求力の高いタイトルコピーの作り方。

検索エンジンからの集客を前提とするコンテンツにおいて、必ずクリアしなければならない「ハードル」と、その「土俵」に上がる為に必ず意識しておかなければならない「段階的」視点。

多くのサイト運営者、SEO対策の教材等でも、明らかに「疎か」にされている検索エンジンから呼び込んだ段階直後の訪問者の「意識」と「印象」を大きく左右するコンテンツの構成原則。

検索エンジンから飛び込んできた訪問者の「意欲」を、その冒頭段階から一気に高め上げ「読む動機」を即座に引き出す「コンテンツ冒頭」の構成要素。

そのメディアの「第一印象」を即座に決定付けてしまうサイトデザインよりもヘッダーデザインよりもサイトタイトル(ブログタイトル)よりも「最重要」と位置付けられる意識要因。

検索エンジンを利用する利用者の「深層意識」を、アクセスとほぼ同時に「無意識レベル」の強烈な訴求効果を作り出す事が出来るコンテンツ構成の原則。

検索エンジンからの訪問者の7〜8割が辿る、サイト内、コンテンツ内を観覧していく際の「2つの動作パターン」とその両方の動作意識を的確に押さえていく2つの訴求要素。

キーワードに関連する情報を求めて訪問してくる訪問者が意識的に求めている「訴求点」を、ほぼそのまま「直観」させる購読率を各段に高められる冒頭文構成と、その「コンテンツ題材」に適した構成事例。

訪問者が「求めている情報」を決して単刀直入に「示してはならない題材」と、その題材を前提とするコンテンツに適した「求められる情報」を先延ばしにする事で反応を高める「情報開示の原則」とその事例。

爆発的な反応を生み出しているセールスレターと検索エンジンからの集客を目的とするコンテンツにおける意外な共通点と、その共通点を押さえていく為のコンテンツ作りの鉄則。

コンテンツ内における「小見出し」と「強調文字」によって、訪問者の「感覚」と「印象」を刺激し、その「意識」と「意欲」をグイグイと高め上げる「緩急の法則」とその実用事例。

自分が求めている情報以上の情報がそのコンテンツに示されているという「印象」とその「可能性」を感覚的に与え、その「観覧率」を各段に高める事が出来る検索エンジン対策に最適なライティングテクニック。

コンテンツ内容を思わず「2度見(2度読み)」させてしまうほどのインパクトと印象を植え付け、その「サイト滞在時間」を各段に引き延ばせる「依存性の強い文章」の作り方。

多くのサイト運営者が過剰に囚われている「検索エンジンからアクセスを呼び込むまで対策」に対して「検索エンジンからアクセスを呼び込んだ後の対策」を同時に徹底していく事で検索エンジンからの評価を「本質的」に高める2つの対策。

検索エンジンからの評価を長期的に大きく影響していく「コンテンツを読み進める時間の長さ=サイト内への滞在時間の長さ」を大きく左右する2つの要因と、その要因を押さえたコンテンツ構成の原則。

コンテンツボリュームを担う情報量、文章量を、そのまま訪問者の満足度と検索エンジンからの評価に「直結」させていく為の鉄則と、そのポイントを押さえたコンテンツ事例。

訪問者がどんどんその「続き」を読み進めたくなる、読み手の「心理」と「心の動き」を押さえ、その「流れ」に沿った文章を構成していく為のライティングにおけるポイントと、その原則を押さえた「起承転結」の作り方。

訪問者の「サイト巡回率」に直結する「他のコンテンツも読んでみたい」という意識、意欲を引き出すべくして引き出す「満足度の高いコンテンツ」の構成ポイントと、その構成事例。

狙ってキーワードにおける検索エンジン対策の「優位性」を着実に引き上げる、極めて「ロジカル」なコンテンツ対策とその対策事例。

例えどんな検索キーワードに対しても、その訪問者が求める「良質な情報」を「ネタ」として情報収集していく事が出来るコンテンツ作成に必要不可欠な「情報源」と、その効率的な活用法。

あなたが作成していくコンテンツが長期的に上位表示を勝ち取り、検索エンジンに評価され続けるものになっているか否かの明確な「指標」と、その指標をクリアしていく具体的な対策ポイント。

意外なキーワードとその組み合わせから、見込み客を掻き集め、コンテンツによって高い訴求性を作り出す「トリッキーなターゲット戦略」とそのキーワード&コンテンツ事例。

一目で興味を引き出す「突発的な訴求性」と、その「続きを読む動機」を併せて合理的に作り出せる、多くのコンテンツテーマに広く応用が可能な、極めてその実用性の高いコンテンツ冒頭文の「鉄板」構成とその実例。

どのような分野、テーマにも適応出来る「集客効果の高いキーワード」且つ「容易に高い満足度を引き出し易いコンテンツネタ」をザクザクとアウトプット出来るキーワード&コンテンツネタ発掘法とそのネタに適したコンテンツ展開の雛型事例。

現状、SEO対策のためにライティングのスキルを追及する考えを持ち、
それを行動に移しているようなアフィリエイター、マーケッターは、
SEO対策を生業とする業者を含めても、そう多くはありません。

しかし、そこに密接な関係性がある事は紛れも無い「事実」です。

故に、この「SEO Writing」で学ぶ事が出来る原理原則は、
今現在はもとより「未来の検索エンジン」さえも、
本質的に攻略し対策していく事が可能なものであると言えます。

つまり、時を刻んで検索エンジンが「進化」していく事で、
その有効性は今後も更に高まっていくという事です。


少なくとも、多くの人のインターネット利用時の「入口」が、
検索エンジンによるインターネット検索であり続ける限り、

「その有効性は決して廃れる事はない」

と思います。

そして、その「本質」は多くのネットユーザーの求める情報を与えられる

「質が高いコンテンツ、価値のあるコンテンツを作り上げていく事


であり、実質的にはそれが「全て」と言っても過言ではありません。

だからこそ、インターネット集客(=検索エンジン対策)においても、
最も重要なスキルと言えるものは、他でも無いコピーライティングなのです。


今や検索エンジンからの「圧倒的な集客力」さえも、
コピーライティングによって、手に出来る時代になっているという事です。




そんな、この「SEO writing」の受講料についてですが、
現在、私がどなたでも購入できる形で公開している教材を基準として、

9,800円(税込)

という価格で、その教材一式全てを提供させて頂きたいと思います。

現時点で私がどなたでも購入できる形で公開しているライティング関連の教材は、

・The Million Writing(3980円)
・Copywriting Affiliate Program(9800円/月)


この2つであり、今回の「SEO writing」についても、
その料金は上記教材の料金をその「基準」にさせて頂きました。

「The Million Writing」は、その教材のみを提供する形で3980円。

「Copywriting Affiliate Program」はDRMを主体とするアフィリエイト講座に
私達のサポート、コンサルティングが付属する形で月額9800円。

これらの価格設定を「基準」とした上で今回の「SEO Writing」は、
その内容、実用性などから上記の価格を設定させて頂いたという事です。


ただ、今回の講座には「Copywriting Affiliate Program」のように、
私達のサポート、コンサルティングなどがを付属するわけではありません。

その「代わり」として、この「SEO writing」には
9,800円の受講料のみで以下のような

「3つの特別講座」

を併せて提供させて頂きたいと思います。


 特別講座1/Writing Image Manual(PDF)


 この「Writing Image Manual(ライティングイメージマニュアル)」は、

 「ライティング時(文章を書く時)におけるイメージの作り方」

 を講義させて頂いたテキストになります。

 コピーや文章を作成していく際の「意識作り」のポイントを、
 文字通りマニュアル化したものであるという事です。


 このようなイメージ作り、意識作りといったものは、
 あくまでも「頭の中(脳内)」における要素でしか無いため、
 一見はそこまで重要なものでは無いように感じられるかもしれません。

 ですが「コピー」や「文章」が頭の中で「創作」されていくものである以上、
 それらを書き上げていく際の意識、イメージといった要素は、
 決して「無関係なもの」とは言えません。Writing Image Manual

 むしろ、適切な言葉選び、言葉運びそのあらゆる段階において、
 それらを捉える意識、イメージは、極めて重要な要素であると言えます。


 そのあらゆる段階における「適切なコピー」は、
 そのための「適切な意識」と「適切なイメージ」が伴ってこそ、
 実際に作り出していく事ができるものだからです。

 その上で、この「ライティングイメージマニュアル」では、
 検索エンジンからの集客を目的とするような

 「不特定多数の人に読まれる事を前提とする文章」

 を書いていく上での適切な意識作り、イメージ作りのポイントを解説しています。

 それだけに、このマニュアル内で提唱している「イメージ作りの講義」は
 今回の「SEO Writing」の講義内容をより有効に活用して頂く上でも、
 非常に実用性の高い効果的な講義内容になっているはずです。

PDFテキスト講座全32P<約17,000字>




 特別講座2/Traffic analysis manual(PDF)

 この『Traffic analysis manual』は「アクセス解析」を前提として、
 その結果を踏まえたコンテンツの改善ポイントなどを講義していくものです。

 ウェブサイトを集客のメディアとして、

 「DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)」

 を展開していく事を前提とした上で、オプトイン(読者集め)、
 アフィリエイト(成約)の成果向上を図っていくための
 然るべき「解析ポイント」をマニュアル化しました。

 要するにマーケッター、アフィリエイターのための、
 トラフィック(アクセス)解析マニュアルです。

 この講座内容は実際に私が自身のメディアである
 コピーライティング至上主義者の会のトラフィック(アクセス)を
 実際に解析、分析していく際にも行っている事でもあります。

 また、師匠が自身のコンサル生のメディアを診断していく際も、
 このマニュアル内で解説する解析ポイントを前提に
 そのメディアの改善ポイントなどを絞り込んでいます。

 
・何故、自分のサイトに思うようなアクセスが来ないのか
 ・自分のサイトのアクセス数が伸びない原因は何なのか
 ・オプトイン、アフィリエイトに結びつかない要因は何なのか


 このような「数字が伸びない原因」にあたるものや、
 それを踏まえた改善点を明確化するためのマニュアルとして、
 「SEO writing」の講義内容の実践と併せて有効に活用していってください。

PDFテキスト講座全33P<約21,000字>



特別講座3/テキスト版「稼げるブログの作り方講座」(PDF)

 こちらは私がブログの方で公開している「稼げるブログの作り方講座」を、
 補足情報などを加筆した形でテキスト化(PDF)したものになります。

 主な講義内容とては、

 ・ブログのテーマ、ターゲットを決めるポイント
 ・ブログタイトルの付け方とそのポイント
 ・ブログカスタマイズの視点とポイント
 ・ブログに適した商品の選び方
 ・ブログ記事を書く際に必ず意識するべきポイント
 ・ブログ記事のネタの探し方、ネタ切れを回避する方法


 など「稼げるブログ」を作るための要点が
 くまなく押さえられているマニュアルになっていますので、
 下手な有料情報商材などよりも遥かにクオリティ(質)は高いはずです。

 内容としては主に、

 「稼げるブログを作るために当たり前に押さえるべきポイント」

 に重きを置いてますが、世の中で結果を出せていないブログの大半は、
 その「当たり前のポイント」を押さえる事が出来ていません。

 今回の「SEO Writing」の講義内容を「ブログ」というメディアで、
 実際に有効に活用いただくための「基本原則」と言えるものが、
 こちらのテキスト講座に余す事なく詰め込まれているという事です。


PDFテキスト講座全104P<約65,000字>


今回のライティング講座「SEO writing」におきましては、
上記3つの「特別講座」を担うコンテンツの一式を含め、

・本編講座:SEO Writing(PDF / 182P)
・特典講座(1):ライティングイメージマニュアル
(PDF / 32P)
・特典講座(2):アクセス解析マニュアル
(PDF / 33P)
・特典講座(3):テキスト版「稼げるブログの作り方講座」
(PDF / 104P)

これらの全てのテキスト講座マニュアルを

9,800円(税込)

こちらの受講料のみで一式全てを提供させて頂きます。

いずれもPDF形式のテキスト講座となっていますが、
どの講座1つを取っても、その内容をしっかりとモノにして頂ければ
9800円という受講料以上の「価値」をしっかりと見出して頂けるはずです。


この講座では、そんな講義テキストを4つ提供させて頂くという事です。




この「SEO writing」で余す事なく学ぶ事ができるものは、

『アクセスの質を徹底的に重視したキーワード対策を前提とする、
 極めて実用性の高い「集客」のためのライティング術


であり、このスキルから得る事ができる「リターン」は、
その使い方次第では本当に計り知れないものになると思います。

少なくとも、先ほど示した私のブログの実績などは、
その生きた裏付けに他ならないと思いますので、

・集客効果の高いキーワードを複合的に捉えていく視点
・そのニーズを的確に捉えていくコンテンツ作りの原則
・そのコンテンツ作りを担う事となるライティング術


これらを学び、そして、モノにする事が出来れば、
もはや「インターネット集客」に困る事は無くなるはずです。

この講座で私から提供させて頂くものは、
それだけの「絶対的なスキル」であるという事です。


ですので、今後ネットビジネス、マーケティングに携わる方なら、
このスキルをモノにしていくための「投資」は、

「お金」
「時間」


どちらもこの上なく大きなリターンを得られるものになると思います。

どんな集客ノウハウ、どんな集客ツールよりも「有効」であり、
その有効性は今後も更に向上していく可能性の方が高い集客スキル。


私の提案するスキルにその確信、または可能性を感じて頂けたようなら、
是非、講座の方を実際に受講して頂ければと思います。




SEO対策の為のコピーライティング講座「SEO Writing」










    

・本編講座:SEO Writing(PDF / 182P)
・特典講座(1):ライティングイメージマニュアル
(PDF / 32P)
・特典講座(2):アクセス解析マニュアル
(PDF / 33P)
・特典講座(3):テキスト版「稼げるブログの作り方講座」
(PDF / 104P)

本編+特典一式:9,800円(税込)



Module-0:Introduction
SEO Writing講座について

Module-1:Relationship   
SEO対策とコピーライティング
進化し続ける検索エンジンの本質的ロジック
Googleの評価=訪問者の評価という原則
その本質的評価を高める外部的要素

Module-2:Keyword  
検索者心理とキーワード
キーワード予測とその原則的視点
複合キーワードの考え方

Module-3:Contents title 
タイトルの重要性
検索者心理とタイトルキーワード
観覧者心理と訴求性
検索エンジンの特性とキーワードの優先順位

Module-4:SEO writing 
動機を引き出す意識段階
潜在意識と滞在の動機
潜在的判断と動作パターン
訴求点を「直感」させる冒頭構成
訴求点を「感覚的」に引き出す全体構成
滞在時間と巡回率
コンテンツキーワード
上位表示の指標

Module-5:Case Study
Case word:コピーライティング
Case word:ヒトラー×演説×テクニック
Case word:プロスペクト理論×損失回避の法則
Case word:架空請求×メール×文面

Module-6:Conclusion
SEO writing 総括

全182P<約85,000字>

4


7
13
15
18


27
30
36


47
52
56
60


67
71
75
77
85
105
124
127


135
139
157
165


181

 







あなたが今、ここで決断しなければならないのは、
9800円でこの講座を受講するかどうかではありません。

重要なのは「あなたの時間をどこに投資するのか」なんです。

結局のところ、ビジネスにおける「明暗」と言えるものは、
あなたが自分自身の時間と労力をどこに投資していったかで決まります。

あなたの時間を何に投資していくべきかの「決断」と、
その決断を前提とする「時間の投資(=行動)」こそが、
ビジネスの成果、結果をそのまま大きく左右していく以上、
あなたが今、決断するべきはその「時間の投資先」に他なりません。


現実として、その判断、決断を誤ってしまうだけで、
まさにビジネスは「明暗そのもの」を分けてしまうのです。

その上で、今、私があなたに提案させて頂いている講座は、

「あなたが時間を投資していくべき最善の対象」

をあなた自身が確信を持って判断いただけるものだと思います。

その判断、決断のもと、あなたが体得していく事ができるスキルは、
あなたの今後のビジネスを大きく飛躍させられるはずだからです。


他のどんな集客の術、スキルを体得する事に
時間と労力を投資していく事よりも「最善」と言える選択肢。

私はそれにあたるものと、その確固たる判断材料になるものを、
こうして、あなたに提案させて頂いているという事です。


あなたが「最善の選択肢」を選び、そして行動を起こしていった際、
そこにもう1つの必要となるものは「揺るぎない確信」に他なりません。

仮にあなたが「正しい道」を進んでいく事を選んだとしても、
そこに「確信」を抱けていなければ、そこに「迷い」が生まれ、
場合によっては、歩み続ける事さえ出来なくなってしまうからです。


だからこそ、この講座では、

「あなたに絶対的な確信を持って頂く事」

を重要視した上で、その1つ1つの論理、原則に対して、
しっかりとその「裏付け」を示していく形で構成しています。

何より、当の私自身が2200記事ほどのコンテンツを投稿した、
自分自分のメディア(ブログ)を介して生み出している実績から、
絶対の確信を持って、このスキルをあなたに提案できているのです。

「コピーライティング至上主義者の会」総投稿記事数
(2017年1月時点)


インフォトップアフィリエイターアカウント累計報酬:3,243万2,167円(2017年1月時点)


インフォトップインフォプレナーアカウント累計報酬:5,179万9,180円(2017年1月時点)


アドモール管理アカウント累計報酬:1億4,518万円(2017年1月時点)


決してブレる事、迷う事なく1つのスキルに「確信」を抱き、
そして、それを学び、体得していく事に時間を投じる事ができる環境。

私自身の実績という裏付けから、このスキルが間違いないものである以上、
その環境に身を投じて時間を投資していけば結果は後からついてきます。


ウェブ集客のパフォーマンスを高めるためのスキルとして、

「そのコンテンツを作りのためのライティングのスキルを選択する」

という「判断」と「決断」は、間違いないものであるという事です

それは他でもない「グーグル」という検索エンジンの進化が、
その必要性、重要性をそのまま物語っているからです。

少なくとも、これからあなたが本書で学んで培ったスキルを活用し、
作成していくコンテンツは、今後「生涯」に渡り、
良質な見込み客を集め続けられる可能性さえあります。

そんなコンテンツを作り出すほど「集客効果」が高まり、
それら全てが、圧倒的な「結果」に繋がっていく。

そんなビジネスモデルを1日でも早く構築していってください。

その実現において、このライティング講座の講座内容は、
間違いなく、あなたのお役に立てるものになっているはずです。



SEO対策の為のコピーライティング講座「SEO Writing」








    

・本編講座:SEO Writing(PDF / 182P)
・特典講座(1):ライティングイメージマニュアル
(PDF / 32P)
・特典講座(2):アクセス解析マニュアル
(PDF / 33P)
・特典講座(3):テキスト版「稼げるブログの作り方講座」
(PDF / 104P)

本編+特典一式:9,800円(税込)



Module-0:Introduction
SEO Writing講座について

Module-1:Relationship   
SEO対策とコピーライティング
進化し続ける検索エンジンの本質的ロジック
Googleの評価=訪問者の評価という原則
その本質的評価を高める外部的要素

Module-2:Keyword  
検索者心理とキーワード
キーワード予測とその原則的視点
複合キーワードの考え方

Module-3:Contents title 
タイトルの重要性
検索者心理とタイトルキーワード
観覧者心理と訴求性
検索エンジンの特性とキーワードの優先順位

Module-4:SEO writing 
動機を引き出す意識段階
潜在意識と滞在の動機
潜在的判断と動作パターン
訴求点を「直感」させる冒頭構成
訴求点を「感覚的」に引き出す全体構成
滞在時間と巡回率
コンテンツキーワード
上位表示の指標

Module-5:Case Study
Case word:コピーライティング
Case word:ヒトラー×演説×テクニック
Case word:プロスペクト理論×損失回避の法則
Case word:架空請求×メール×文面

Module-6:Conclusion
SEO writing 総括

全182P<約85,000字>

4


7
13
15
18


27
30
36


47
52
56
60


67
71
75
77
85
105
124
127


135
139
157
165


181

 




あなたが今後、ネットビジネス、マーケティングに携わっていくなら、
トラフィック(アクセス)を集めていく事、集め続けていく事は、
今後においても絶対に避けられないものだと思います。

そして、現実に多くの人はこの「避けられない壁」を越えられず、
ビジネスそのものを継続できずに諦めてしまっているんです。


また、もしもあなたが現状に「伸び悩み」を感じているなら、
その現状を最も確実に打破できるであろう「打開策」は、

「メディアに見合ったアクセスを集めていく事」

であり、それを可能にする仕組みを作り上げる事に他なりません。

もちろん、そのための方法論は幾つもあると思いますし、
その為のツール、サービスなども多くあると思います。

ですが、ターゲットのニーズ(求めるもの)を明確にした形で、
最も質の高いアクセスを集めるべくして集められるのは、
やはり、検索エンジンからの集客以外にありえないはずです。


まして、それを一切の広告費などを投じる事なく、
継続的な集客効果を見込んでいく事ができるのですから

これ以上、優位性の高い集客スキルが他に無い

というのが実状なのではないでしょうか。

つまり、ネットビジネスやマーケティングに携わっていく以上、
検索エンジンから自在に見込み客を集客できるスキルは、

『モノにしない事自体が「損」でしかない』

という事です。

今後、あなたが「集客」というものに対して投じていく
あなたの時間、労力、あらゆるサービス、ツールへの出費。

それらと、この講座によって手にできるものを、
今後の「可能性」も含めて純粋に比較して頂ければ、
その「リターンの違い」は十分にお分かり頂けるはずです。

ここまで私の話に耳を傾けてくださった「あなた」が、
その歴然とした「違い」を理解できないはずがないからです。


その上で、あとはあなたがこの講座で提唱している、
検索エンジン集客のためのライティング術というものに、
相応の「必要性」「重要性」を感じるかだと思います。

その価値が今回の受講料を上回るものと感じて頂けるなら、
是非、講座へのお申し込みを進めて頂ければ幸いです。

あなたのご参加を心よりお待ちしております。

K.Uzaki(宇崎恵吾)



SEO対策の為のコピーライティング講座「SEO Writing」








    

・本編講座:SEO Writing(PDF / 182P)
・特典講座(1):ライティングイメージマニュアル
(PDF / 32P)
・特典講座(2):アクセス解析マニュアル
(PDF / 33P)
・特典講座(3):テキスト版「稼げるブログの作り方講座」
(PDF / 104P)

本編+特典一式:9,800円(税込)



お問合せはこちらから



<特定商法表記>