コピーライティングとは

コピーライティングとは商品の広告における文言(コピー)を書く事。

コピーライターはそのコピーを考える事を主な仕事にしている人達の事を言います。

国内で有名なコピーライターは
片岡敏郎、土屋耕一、秋山晶、小野田隆雄、長沢岳夫、岩崎俊一など、
名を上げればきりがありません。

とは言え世間一般的にはそこまで「有名」という人は少ないと思います。

ただ彼等が作ったコピーを聞けば「聞いた事がある」
もしくは「知っている」というものもあるかと思います。

例えばこれらのコピーなどはいかがでしょうか。

片岡敏郎「天下無双 森永ミルクキャラメル」(森永ミルクキャラメル)
土屋耕一「美しく立っていることができますか」(資生堂インウイ)
秋山晶「人は、人を思う。」(キリンラガービール)
小野田隆雄「パンパだったら、乗らないよ。」(三菱自動車・ミニカ)
長沢岳夫「肉体疲労にAじゃないか。」(タケダ・アリナミンA)
岩崎俊一「英語を話せると、10億人と話せる。」(ジオス)


主にはテレビCMや雑誌や新聞、
ポスターなどの広告に用いられていたコピーですので
いずれも一度は耳にした事があるかと思います。
(世代によっては無いものもあると思いますが。)

「これくらいなら自分にも作れそうな気がする。」

そう思ってしまうのは、おそらくあなただけでは無いと思います。

実際に多くの人がそう思う、実はそれくらいが「良いコピー」なのです。

スッと耳に入り、心に残り、
それが自分が発した言葉かのような感覚にさえなってしまう。

こういった広告などに用いられるコピーは
基本的にそんな要素を重視されて作られています。

15秒のテレビCMやパッと目に入る程度の雑誌、新聞、
ポスター広告などに要求されるコピーは主に
「その商品に対して何らかのイメージを与える事」を目的に作られています
(勿論、全てがそうとは言いませんが)。

その商品を「売る事」を目的にはしているわけではないという事です。

勿論、どんな商品も最終的には売る事を目的に作られていますが
その「コピー」はあくまでも商品の「イメージ」を植え付け、
それを認識させる事を目的に作られているのです。

これは長年のマーケティング研究によって培われた傾向として
テレビCMなどは「商品を売り込むための広告」より、
「イメージを与えるための広告」として活用する事が
最も効果的だと実証されているためです。

少なくともキャッチフレーズとなるようなコピーには、
そのイメージ戦略を求められるというのが一般的でした。

そしてそのコピーを考える仕事として
コピーライターという職業が成り立っていたわけです。

ただ近年はテレビや新聞、雑誌などの広告媒体を呑み込んでしまう
新たな広告媒体が誕生しました。

それがこの「インターネット」です。

コピーライティング新時代の幕開け


テレビ広告や雑誌広告は、ほぼ大半が「広告を見よう」という、
意識のない顧客に対しての広告であった事に対して、
インターネット広告は「見る」という意識で見られるものであったため
「イメージ重視の広告」は「売るための広告」へと変化していきました。

何かの商品を紹介する広告サイト1つで、
商品への興味を与えるところから、
それを売り込んで購入してもらうというところまで、
その全てのプロセスを一貫出来る必要性が生じてきたわけです。

それまでに重視されていたイメージ先行型のコピーは
あくまでも「感覚的」だった事に対し、
ネット広告には「論理的」な観点も求められるようになったのでした。

それはもはやキャッチフレーズのようなもので
商品に対してのイメージを与えるというだけのコピーではなく、
論理的な文章で商品の良さを伝え、共感を与え、説得し、
最後には購入という行動を起こしてもらう、
そんなコピーが求められるようになった事を意味していました。

同時に多額の費用を投じなければいけなかった
テレビや雑誌などの広告に対して、
誰もが簡単に商品のPRページを作成していく事が出来る
インターネットには数多くのビジネスチャンスが生み出され、
多くの事業者や個人がそこに参入していくようになっていったわけです。

個人による物販や情報販売、そのアフィリエイトなど、
誰もが簡単に自分の商品や他社の商品に
オリジナルの広告文を添えてそれをPRできるようになったのです。

まさに誰もが自分が考え出したコピーによって収入を生み出せる、
そんな時代が到来したという事です。

実際にそんな個人事業者や個人アフィリエイターなどが何千万、
何億円というお金を稼ぎ出すようになっている現状があります。

勿論そこにはインターネット上における集客ノウハウや
マーケティング戦略によるものも深く関係していますが
どんなに多くのアクセス、多くのお客さんを集客していっても
そこに書かれているコピーが魅力的でなければ商品が売れる事はありません。

商品を手に取れるような実店舗などとも異なり、
インターネット上でのビジネスはそこに書かれているコピー、
すなわち文章が全ての明暗を分けると言っても過言ではないのです。

いかに読み手に興味を与え、共感を与え、行動を起こさせるか。

その心理プロセスを巧みにシフトさせるような文章こそが
多くの利益を生み出していくという事です。

これまでコピーライターという仕事は
イメージ重視のコピーを考えてそれを大手の企業に提供する、
そんな限られたルートでしか才能を活かせない仕事でした。

しかし今は自分自身の商品や自分自身の利益のため、
何かの商品を売り込むための文章を書くという行為で
十分にその才能を活かす事が出来るようになっています。

実際に今はその才能を活かして数千万円単位はおろか、
数億円単位の収入を手にしているコピーライターも存在する、
そんな時代が到来しているのです。


今、そしてこれから、成功のために何を学ぶべきなのか。


その答えとして「コピーライティング」と回答する、
この私の考えは間違っているでしょうか。

ここまでインターネットというものが普及し、
更に今はスマートフォンの普及によって
携帯端末からのインターネット接続という流れさえも
加速の一途を辿っている状況にあります。

インターネットを介した商品の売り買いが
今後も更に盛んに行われていく事はもはや明らかなのです。

その中で身を立てていく術として、
コピーライティングのスキルを持っていれば、
魅力的なコピーや文章を添えていくだけで
どんな商品さえも自在に販売していく事が可能になるのです。

集客のスキル、マーケティングのノウハウを学ぶのは
その後でもいいのではないでしょうか。

実際に私にコピーライティングのスキルを叩き込んでくれた師匠は
どこの企業に属する事もなく時間に縛られる事の無い、
まさに「自由なビジネススタイル」で
月に数千万円単位の収入を悠々自適に稼ぎ続けています。

アクセスが流れてくればそこから商品が売れてしまう。

そんなサイトを幾つも作り上げ、
ほぼ不労所得と言えるような収入を継続的に受け取り続けているのです。

それだけの収入源を彼はわずか1年ほどで作り上げてしまったなど、
一体誰が信じられるでしょうか。

足かけ約3年ほどでその収入総額は十億円以上。

コピーライティングというスキルだけを追求していった結果、
彼は世間のサラリーマンが一生かけて稼ぎ出す収入、
その10人分をものの2~3年で稼ぎ出してしまったのでした。

それでなくともアフィリエイトというビジネスが確立されている今、
魅力的なコピーを携えたサイトには多くのアフィリエイターが
頼まずとも大量のアクセスを流し続けてくれます。

だからこそ私の師匠はネットビジネスへの参入を決めると同時に
コピーライティングのスキルのみを徹底的に追及していったのでした。

その結果として私の師匠は一人コピーを書き続けるという、
ライティングスキルのみに特化したビジネススタイルを確立し、
年収にして5億円という収入を得るまでになっているのです。


年収5億円のビジネススタイル


私の師匠のビジネススタイルは極めてシンプルです。

商品を売っている事業者達からコピーの外注を受け、
売上のパーセンテージ契約でその仕事を受けるというもの。

師匠が書いたコピーから商品が売れれば、
その売上からの一定のマージンが受け取れるというわけです。

そのパーセンテージは案件によって異なるらしいのですが、
平均的にはその商品が売れた事による利益の約20~40%ほど。

いつの間にか師匠の手がけたコピーからは
全体規模で20億円近い売上が上がるようになり、
その4分の1に相当する収入として数億円規模のお金が
そっくりそのまま入ってくるようになってしまったというのです。

結果として彼は多くのネットビジネスを営む事業者や、
何百万人というアフィリエイター、
その誰よりも多くの収入をたった一人で手に入れてしまったのでした。

1、コピーの外注を受ける
2、コピーを書いて納品する


これだけの作業で私の師匠は
年間5億円規模の“収入”を稼ぎ続けているのです。

商品の在庫管理や配送、そのお客様へのサポートはもとより
ウェブサイトの運営などは全て依頼主側がやってくれるわけですから、
私の師匠はまさに完全な不労所得を手にしている事になります。

当初は目ぼしいものを売っている事業者などに対し、
現在のコピーを書き直すので売上が上がったなら
その分のマージンを欲しいという依頼をしていたそうですが
その評判が評判を呼ぶようになり、
すぐに依頼が止まらなくなってしまったそうです。

依頼主としては何のリスクも無いわけですから、
当然と言えば当然ではないでしょうか。

下手なレターを自分で作ったり、
下手な業者に依頼して何十万の広告費用をかけても
その商品が売れるとは限りません。

しかし先立つリスクはゼロという条件で
その何十倍もの売り上げを出してくれるコピーが納品されるというなら
売上の4分の1など安いものではないでしょうか。

結果として、どちらがより多くの利益を生み出せるかという、
極めて単純な話なのです。

彼が手がけたセールスレターは月の売上で数千万円は当たり前。

それが1年近く継続するようなものも複数あったそうです。

1本のセールスレターが月に数百円もの不労所得を
半永久的に運んでくれるわけですから
これ以上のビジネスモデルは考えられません。

誰が何を言おうと、結果として私の師匠は
コピーライティングのスキルを学んだ事で
ネットビジネスにおかる「最短の成功ルート」を辿っていったのです。


それでもあなたはコピーライティングを無視できますか。


ここまでの事実を耳にしても、
あなたはまだ他のスキルに目をやり、
コピーライティングというスキルを無視し続けるのでしょうか。

「10の割合で時間があるなら9はコピーライティングに向けるべき。」

これが私の師匠の言葉です。

それ以外のテクニックは残りの1で十分なのです。

そしてその有効性を私の師匠自身が誰よりも実証している現実があります。

では、どうやってそのスキルを学んでいけばいいのか。

その道しるべとして私は彼に学んだスキルを公開していく為、
このブログ講座を始めました。

あなたもこのテクニックを身につけていけば
誰もが思わず反応してしまうような強烈なコピーを
日常会話のようにスラスラと書け上げていく事が可能になります。

インフォプレナーにせよアフィリエイターにせよ、
このスキルを必要としないようなビジネスは
このインターネット上には1つとして存在しません。

だからこそまずは何よりも先に、
本当のライティングスキルを学んでいくべきなのです。

是非このブログにおける各コンテンツを
コピーライティングの教科書として活用し、
あなたのビジネスに役立てていって頂ければと思います。

>コンテンツ一覧はこちら


特別講座:ゼロから5億の不労所得を作った男


私の師匠がいかにゼロから年収にして5億円という規模の収入源を作り出したのか。

こちらはその全てを公開している特別講座になります。

より速く、より高いスキルを求める場合のみご覧頂ければと思います。

>特別講座:ゼロから5億の不労所得を作った男

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年5月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ