「文学に学ぶコピーライティング」の記事一覧

川端康成の文学小説、文章に学ぶ美し過ぎる情景描写、比喩表現

言葉の使い方、文章が「美しい」と表現される作家と言うと、 やはりノーベル賞作家の川端康成の名前が挙がると思います。 とくに私が川端康成の小説、文章を読んでいて思うのは、 「情景描写が上手いとか、もはやそういうレベルを通り […]

芥川龍之介「文章と言葉と」から読み解く「書く事」への拘り

芥川龍之介の短編?(散文?)に「文章と言葉と」という、 芥川龍之介が、題目の通り、文章や言葉について綴っている文章があります。 以下、その一部を引用します。 芥川龍之介「文章と言葉と」より 僕は別段必要以上に文章に凝った […]

村上春樹の小説、文章に学ぶ比喩表現と隠喩表現の特徴と考察。

宇崎です。 今日は文章における「比喩」の講義をしたいと思いますが、 これは例文を挙げて進めていく方が分かり易いと思いました。 日本で「比喩が上手い」と言われている作家さんとしては、 やはり村上春樹さんがその筆頭に挙げられ […]

小説の出だし、冒頭文の書き方に学ぶ文章を読ませるテクニック。

宇崎です。 今回は小説や文学作品の「出だし(冒頭文)」から、 「文章を読ませるテクニック」 にあたるものを言及してみたいと思います。 有名な小説や「名作」と言われる文学作品は、 やはりその出だしとなる冒頭文から光るものが […]