イメージングアフィリエイト(田中雄一)+コピーライティング レビュー

宇崎です。

今日はThe Million Writingとの適応度という観点で
こちらのアフィリエイト教材をレビューしてみたいと思います。

イメージングアフィリエイト(田中雄一)
http://trend-tanaka.com/top/

私の情報商材レビューはそのアフィリエイト教材に
コピーライティングというスキルを加えた場合、
もしくは私のThe Million Writingという教材を組み合わせた場合、
どれだけその有効性が「増すか」という観点で行っています。

その教材単体の再現性等のレビューとは
また違った観点となっている点をご理解ください。

イメージングアフィリエイト(田中雄一)レビュー

セールスレターの冒頭から

“コピーライティングテクニック不要”

を謳ってるアフィリエイト教材ですね。

その謳い文句の通りで、その内容は文章力という点を無視し、
いわゆる「機械的に書けるような記事」で成果を上げていくような、
そんなアフィリエイトノウハウが綴られています。

手法としては今、初心者向けという事でよく話題になっている
トレンドアフィリエイトというアフィリエイトノウハウで、
世間的に話題となっている「トレンドキーワード」を狙い、
そのキーワードを基に集客を行っていくというものです。

ただ多くのトレンドアフィリエイト教材は
グーグルアドセンスをキャッシュポイントに沿えているものの、
このイメージングアフィリエイトでは、
その主なキャッシュポイントが「物販アフィリエイト」になっています。

その観点からこのイメージングアフィリエイトは
他のトレンドアフィリエイト教材とは若干
そのトレンドキーワードというものへのアプローチ方法が異なります。

それがこのイメージングアフィリエイトの「ウリ」でもあり、
また少なからず賛否を分けているところかもしれませんが
私はありきたりな右へ習えのノウハウより、
この教材特有の「個性」は評価できるポイントだと思います。

その上で何故このイメージングアフィリエイトが
「コピーライティング不要」という点を強調しているのかと言うと
その実践の中で書いていく文章の目的が

「訪問からの自然な流れでアフィリエイトリンクを踏ませる」

というところに特化している点にあると思います。

要するにブログ運営者の「ブランディング」や
商品そのものを「売り込む為の文章」などはとくに必要無く、
実際に書いていく文章は・・・

・キーワードを意識したアクセス集めの為の文章
・サラリと読ませてアフィリエイトリンクや広告に誘導する文章


がほぼ全てになっているわけです。

だからこそ「コピーライティング」や「文章力」は
このイメージングアフィリエイトの実践には「不要」としてるんですね。

確かにその文章そのものに確固たる目的を持たせ、
何かを感じさせたり、伝えたりする必要が無いというのであれば、
このノウハウには「コピーライティング」というスキルは必要ありません。

逆に私ならそんな無機質な文章を書くのは御免なので
こういうノウハウは稼げるとしてもやりたくも無いのですが
文章を書く事が苦手という人にはこういうノウハウは打ってつけです。

ただもしこのノウハウにコピーライティングというスキルを加え、
あえて「質の高い文章」を書いていったならどうなるのか。

その辺りの私なりの見解を解説していきたいと思います。

イメージングアフィリエイトとコピーライティング


まずこのイメージングアフィリエイトのノウハウの根本は

・キーワードを意識したアクセス集めの為の文章
・サラリと読ませてアフィリエイトリンクや広告に誘導する文章


のみを投稿して収入を得ていくというもので、
その主なキャッシュポイントが「物販アフィリエイト」である点からも、
実状としてそこまで多くの収入を稼げないという難点があります。

トレンドアフィリエイトという手法の特性上、
わりと結果が出るのは早いのですが、
入れ替わるトレンドキーワードを追い続ける必要があり、
アクセスが呼べなくなるトレンドキーワードもある事から、
どうやっても収入はいつか並行性状態になってしまいます。

そういう点で初心者が手っ取り早く
月収10万円以上を稼げるブログを作るという点では
かなり秀逸なノウハウと言えるかもしれませんが
それ以上を目指したい人には収益面で弱い部分があります。

せいぜい稼げても20万、30万が限界という感じでしょうか。

ただその「伸び白」を増やせるのが、
他でも無い「コピーライティング」というスキルです。

仮にこのノウハウの前提となる

・キーワードを意識したアクセス集めの為の文章
・サラリと読ませてアフィリエイトリンクや広告に誘導する文章


と言った記事のみを投稿していくとしても、
そこにコピーライティングのスキルを活かす余地は十分にあります。

例えば記事の冒頭部分で記事を「読もう」と思わせる、
言わば文頭で「グッ」と興味を引き付ける文章テクニック。

これはそこまで難易度の高いテクニックではありませんが
それを駆使するだけでも記事を「読み進めてもらえる可能性」は
飛躍的に向上していくようになります。

どんなキーワードで訪問してきた人も、
その冒頭の「つかみ」1つでその記事を読むか読まないか、
ページをスクロールするか閉じてしまうかが変わり、
そのスクロール率がアフィリエイトリンクの誘導率に直結します。

これが売上を左右する事は言うまでもありませんね。

またこのイメージングアフィリエイトは「物販アフィリ」を
そのキャッシュポイントの1つにしていますので、
とくに「売り込み」というまでの事をしなくても、

「その商品への興味を引く文章」

を書いていくようにするだけで、
またアフィリエイトリンクや広告のクリック率が変わります。

アドセンス広告ではこういう事は出来ませんが
物販のアフィリエイトではこれが出来るわけです。

そういう意味ではこのイメージングアフィリエイトは
トレンドアフィリエイトの教材の中では、
私の「The Million Writing」との相性がいい、
コピーライティングというスキルによる
その「伸び白」が大きいノウハウと言っていいと思います。

>イメージングアフィリエイト

イメージングアフィリエイト+The Million Writing


ちなみにこのイメージングアフィリエイトと、
私のコピーライティング教材「The Million Writing」を
併せて購入頂ければこちらの企画の方に参加頂けます。

>Copyrighting Affiliate the Union

「あなたが情報商材を購入する最後の日」

というコンセプトの基、行っている企画で
その名に恥じない非常に強力な特典コンテンツをご用意しています。

よろしければ企画案内の方に目を通して頂ければ幸いです。

K.Uzaki

>コンテンツ一覧へ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年3月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アフィリエイト教材レビュー

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ