本年度のご挨拶と昨年度コピーライティング事業の総括。

宇崎です。

新年あけましておめでとうございます。

2015年もよろしくお願い致します。

2014年コピーライティング事業の総括。


2014年は私のコピーライティング教材、
The Million Writingの方は累計で2000本以上。

師匠と共同で提供しているアフィリエイト教材、
Copyrighting Affiriate Programの方は
累計では1000名以上の方にご参加頂けました。

類を見ない高額なコンサルティング事案である、
師匠の「Copywriting Archive」の方にも
昨年だけで70名以上の方にご参加頂き、
これらのコピーライティング関連の教材や
コンサルティング事案を軸とする事業のみにおいても
お陰様で年商ベースでは億に届く数字を達成出来ております。

情報商材の購入者層において最も多くの層を占める
「お手軽」「簡単」をウリにするようなジャンルでは無く

「コピーライティング」

というスキルに特化したジャンルのコンテンツ一本で、
ここまでの数字を「安定」させる事が出来ている背景には
ここに来て「ネットビジネスの本質」に気付き

“その為に必要なものが何であるか”

の判断を改めて認識してきている方々が、
実際に増え続けて事が挙げられるのではないかと思います。

そしてその道を進んでいく「道しるべ」「指標」として、
私のブログやメルマガ、教材等を選んで頂けている事は
この上無く光栄な事であり、心より感謝しております。


2015年、各コピーライティング企画の継続について。


当初、Copyrighting Affiriate Programについては
計1000名ほどの継続会員数と目安とし、
Copywriting Archiveは同じく100名ほどを
同時進行で対応できる人数制限のめどとしておりました。

いずれも累計参加者数であれば
既にその上限を超える状況になっておりますので、
それぞれの会員数、参加者数の継続状況によっては、
年内に双方の募集を終了する事も考えられます。

勿論、いずれもその継続状況次第ですので、
新規参加者様とコンサル期間、契約等を終了する方、
それぞれの兼ね合いによっては募集を継続できる可能性。

また一時的な募集の見合わせ期間を要するのみで、
改めて募集を再開できる可能性もございますが
今年は新たに師匠と進めております
コピーライティング関連の企画等もございますので、
そちらとの兼ね合いで終了したサービスの方は、
そのまま・・・という事も考えられます。

Copyrighting Affiriate Program、
Copywriting Archive、いずれにおいても、

「参加を検討しつつ未だ見合わせている」

という場合は本年度中の終了予定も視野に入れて頂き、
その意思決定における判断材料の1つとしてください。

とくにCopywriting Archiveの方は、
日頃から多数のお問い合わせを頂いている事も含めて
いつ終了になってもおかしくは無い募集状況です。
(この告知がその引き金になる可能性も多いにあります。)

また募集を終了する時は新規での参加者様を
これ以上「受け入れない事」を決定する段階ですので、
いずれの企画の方につきましてはも
いざ募集を打ち切る際は事前告知等は一切致しません。
(それをすると参加者が殺到する事は目に見えていますので)

師匠との新たなコンテンツ、企画の発足状況も含め、
その「可能性」については新年のご挨拶と共に
お知らせさせて頂いた次第です。


2015年もよろしくお願い致します。


何にせよ今年も師匠と共にコピーライティング関連の
また新たなコンテンツや企画を発足させるべく、
現在進行形で少しづつそちらの方も進行させている状況です。

基本的には「より突き詰めたもの」を主軸としておりますので、
本気で師匠が立っているような、

「個人の力のみで億単位のお金を自由自在に稼ぎ出す」

というステージへ「確固たる実力」をもって立つ事が出来る、
その位置を本気で目指す事が出来るコンテンツ。

そんな企画を形にしていければと思っております。

より本格的にコピーライティングという分野において
他のコピーライター、アフィリエイターを大きく出し抜ける程の

「圧倒的なスキルを身に付けたい」

という人には、おそらくこれ以上無いほどの最短ルート、
それを形にしたものを提供できるのではないかと思います。

そのご案内はまだいつになるかさえ未定ですが
いざ、そのご案内をお出しした際、それが

「自分にとって確固たる価値を見出せるもの」

とご判断頂けた際は是非とも参加を検討頂ければ幸いです。

それでは2015年もどうぞよろしくお願い致します。

PS

ちなみにですが、その新たな企画のご案内等は、
Copyrighting Affiriate Program、
Copywriting Archive参加者様に関しては、
その募集案内の「時期」などは勿論、

「参加条件」

に関しても圧倒的に有利(金銭的な意味も含め)な条件で、
ご案内させて頂きます。

とくにCopywriting Archive参加者様に関しては、
かなり優遇した条件を提案させて頂く予定です。

基本としてCopywriting Archiveレベルの
コンサルティング事案に一度お申込み頂ければ、
私達の提供コンテンツは「VIP待遇扱い」で
今後も案内を受けられると捉えて頂いて結構です。

Copywriting Archive(コピーライティング・アーカイブ)

Copywriting Archive参加者様には
それ相応の覚悟を示して頂き、
それだけの代金は頂く形になっておりますので、

「その後のコンテンツ提供・企画案内」

等についても優遇させて頂く事は、
私達(私と師匠)としては当然と思っております。

「受けた信頼と対価はそれ以上の圧倒的な価値でお返しする」

それが私達の「スタイル」でもありますので、
共にその「価値」を共有して高め合える、
そんな関係を今年も築いていく事が出来れば幸いです。

それではまた次回。

K.Uzaki

>コンテンツ一覧へ

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年1月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ