検索エンジン、グーグルの「進化」と共に「SEO対策」は、
とにかくコンテンツの「内容」が重視されるようになってきています。

ただ、その「コンテンツ」を構成するものは他でもなく「文章」ですから、

『文章の良し悪しがSEO対策に影響を及ぼすようになっている』

と言い換えてもいいと思います。

とは言え「上手い文章を書いていれば上位表示されるのか」と言うと、
これは決して『そうではない』のが、SEO対策(上位表示対策)の現実です。

ここで言う「上手い文章」の定義や解釈は色々あると思いますが、

・芥川賞、直木賞などの文学賞を取れるような作家が書いた記事
・国語、日本語、現代文などの教授、学者が書いた記事


このような記事が検索エンジンに評価されて、
実際の検索結果で上位表示を取れるのか、と言えば、

『検索エンジン対策を意識した文章を書かなければ上位表示は難しい』

という事です。

では、具体的に「検索エンジンに優遇される文章」とは、どういうものなのか。

今回は、そんな「SEO対策に適した文章・記事の書き方」について講義していきます。

SEO対策に適したライティング術~検索エンジンを意識した文章の書き方~

単刀直入な答えとして、SEO対策に適した文章の基本的な考え方は、

『検索エンジンからの訪問者が読み進めたくなる文章を書く事』

これが、まず最重要なポイントと考えて問題ありません。

検索エンジン(グーグル社)がやりたい事、徹底したい事は、

・検索エンジンの利用者が求めている情報を提供する事
・検索エンジンの利用者が満足する質の高い情報を上位表示する事


であり、これが大前提である以上、検索エンジンに優遇されるのは、
とどのつまり「そのニーズを満たせるコンテンツ」という事になります。

そして、そのニーズを満たすには、当然の事ながら、
コンテンツ内の文章をしっかりと読み進めてもらった上で、
そこで伝えている内容を読み手側に認識してもらう必要があります。

そこでどんなに価値のある情報を提供していても、
そもそも、その文章が読まれなければ意味がありませんし、
その文章を介して伝えるべき事がしっかりと伝わらなければ、
コンテンツに対する「満足」を引き出す事もできないからです。

少なくともグーグルは検索エンジンを介した訪問者の、

・滞在状況(どれくらい、そのサイト内に留まったのか)
・巡回状況(どのくらい、そのサイト内を巡回したのか)

これらを把握して「満足度の指針にしている」と言われています。

検索エンジンの利用者が「検索」を経て特定のサイトに訪問した際、

・価値のある情報を提供しているなら長時間そこに留まる
・情報に満足したなら更なる情報を求めてサイト内を巡回する


このような訪問者の動向基準を前提にしているため、

「どんどん続きが読みたくなる」
「より多くのコンテンツを読みたくなる」


このような文章で各コンテンツを構成する必要があるという事です。

ただ、これは「続きを読みたくなる小説」などとは異なり、
あくまでも「検索エンジンからの訪問者」を対象とした上で、
その「特性」や「ニーズ」に沿った文章を構成しなければなりません。

そこを意識できるかどうかが極めて重要なポイントになるわけです。

訪問者の「特性」と「ニーズ」を捉えた文章の在り方。


検索エンジンからの訪問者を前提に文章を書いていくいく場合、
まずは「読んでもらう事」を意識して文章を構成する必要があります。

そもそも検索エンジンを介してアクセスしてくる訪問者は、
そこまで高い意識レベルでサイトにアクセスしてくるわけではなく、
キーワード検索を行う中で目に入ったサイトを「巡回」しているに過ぎません。

実際に自分自身が検索エンジンで何かを調べている状況をイメージしてください。

キーワードを入力して表示されたサイトがたくさんある中で、
各サイトの文章をそこまで集中して読み進める前提で訪問しますか?

・・・まず、そこまでの意識でサイトを観覧する事は無いと思います。

それこそ、検索エンジンに表示されているサイトはたくさんあるのですから、

「気になったタイトルのサイトにひとまず訪問してみる」

というレベルのアクションがせいぜいだと思います。

そして、まずは、そのサイトのレイアウトやタイトルに改めて目を通し、
ひとまずはザっと、その冒頭文に目を通すか、ページをスクロールさせながら、
全体として、どのような事が書いているのかをチェックした上で、

「自分が求めている情報が書いてありそうだ。」

と思った場合に初めて「読む」という意識段階にシフトするはずです。

逆に冒頭文やページ全体をサッと見回して、

「自分が求めている情報とは違いそうだ。」

と思えば「戻るボタン」を押して、また検索エンジンに戻り、
また別の表示サイトの方にアクセスして同じ事を繰り返していくと思います。

つまり、この時点で「読む」という意識段階を引き出せなければ、
検索エンジンからの訪問者は、すぐに「直帰してしまう」という事です。

よって、SEO対策を意識して検索エンジンからの訪問者を意識する場合、
その文書は決して「全てを読んでもらえる前提」で書き進めるべきではなく、

『そこまで読む気が無い訪問者から、いかに読む意識を引き出すか』

という視点を何よりも意識した上で文章を構成しなければなりません。

作文や論文などの文章であれば「読んでもらえる前提」で問題ありませんが
検索エンジンからの訪問者を対象とするブログ記事の文章などは、
決して、そのような前提で文章を構成してはならないというわけです。

まずは「読む意識」を引き出す。


ただ、検索エンジンからの訪問者を前提としていく文章は、
上位表示を狙うキーワードを前提に構成するのが基本となります。

つまり、特定のキーワードを検索エンジンに入力した人を対象に、

「そのキーワード検索のニーズを満たす記事を書けば良い」

という事です。

そのような「検索キーワードの前提」を明確にする事で
そのキーワードを介してアクセスしてくるであろう訪問者が、

「どのような情報を求めているのか」

という点も、そのまま明確なものにできるわけから、
それによって、実際に書くべき内容もおのずと決まってきます。

結局のところ、検索エンジンからの訪問者がまず「知りたい」のは、

『このサイトに自分が求めている情報が書かれているのかどうか』

であり、実質的に、それ以外の情報は何も求めていません。

よって、まずはその記事でどのような情報を提供しているのか、
その一点を率直に示して明確にしておくべきだと思います。

その内容が「訪問者のニーズ」と合致するものになっていれば、
記事を読み進める動機へとそのまま結び付けられる事になるからです。

よって、SEO対策、検索エンジンからの訪問者を意識した文章は、
キーワード検索を行っている訪問者特有の意識前提を踏まえた上で、
まずは訪問者の「読む意識」を引き出せる文章に必要があり、

1:まずはどのような情報を提供している記事なのかを明確にする
2:そこから読み手のニーズを満たす内容を展開していく

このような構成が訪問者のニーズを満たしやすいものになり、
訪問者のニーズを満たしてこそ検索エンジンの評価も高いものにあります。

もちろん、ここでお伝えしたポイントはその一端に過ぎないものですが、
それでも、SEO対策を意識した記事の構成、文章の書き方としては、
全体的に意識するべき、原則的なポイントでもありますので、
是非、参考にしていただければと思います。

K.Uzaki

>コンテンツ一覧へ