ブログ「コピーライティング至上主義者の会」へようこそ。

 このブログはフリーのコピーライターとして活動している
 私、K.Uzakiが首謀するコピーライティング至上主義者のための
 ビジネス講座を中心としたブログコンテンツです。

 コピーライティングのスキルやテクニックなどを公開しています。

コピーライティングを学ぶ前に

 ・コピーライティングとは

 ・コピーライティングを学ぶとはどういう事なのか。

 ・お金を生み出せるコピーとは

 ・コピーの勉強に「写経」は有効か。

 ・コピーライティングは「誇大広告の為のスキル」では無い。

 ・コピーライティングにおけるリサーチの重要性とその方法。

 ・コピーライティングの最適なトレーニング方法。鍛錬方法とは。

 ・日常生活で出来るコピーライティングの基礎能力向上方法。

 ・コピーライティングとアフィリエイト

 ・コピーライティングを学ぶ事は成功への「近道」なのか。

 ・コピーライティングに必要な3つの能力。

 ・キャッチコピーと文章の違い~感覚と論理~ NEW


心理講座

 ・全ての人が「感覚的」に反応してしまうコピーとは。

 ・五感を刺激する強烈なコピーを作るテクニック。

 ・読み手を引き込む文章の書き方。

 ・信用を勝ち取れる文章の書き方。

 ・コピーライティングにおける「興味」と「疑問」の境界線。

 ・注意を引く事と興味を引く事の違い。

 ・童話「北風と太陽」に学ぶコピーライティングの神髄。

 ・アドルフ・ヒトラーの演説に学ぶ8つの洗脳のテクニック。

 ・宗教概念とコピーライティング NEW


文章構成講座

 ・解り易い文章、読みやすい文章の書き方。

 ・読みやすい文章における改行、句読点の使い方。

 ・論理的な文章を書くテクニック

 ・説得力のある文章の書き方

 ・断言を重ねる文章が必ずしも説得力を向上させるとは限らない理由

 ・「面白い文章の書き方」とその「定義」について。

 ・反応を下げる4つの文章構成とその事例

 ・ストーリーテリングの法則とコピーライティング。

 ・ブログ記事、メルマガにおける文章の書き方とポイント

 ・ツイッターライティング講座~140文字のコピーライティング~

 ・漫画(マンガ)のセールスレター、ライティングは有効なのか。

 ・文章の語尾が単調になってしまう「ですます調」の文章でありがちな落とし穴。

 ・QUESTの法則、AIDMAの法則、PASONAの法則。 NEW


その他コピーライティング講座

 ・リアルビジネス・ネットビジネスにおける「コピーライティング」の違い

 ・インターネット動画時代におけるコピーライティングの可能性

 ・松本人志のお笑い七並べ論とコピーライティング将棋論

 ・リーガルハイ・古美門研介に学ぶコピーライターと弁護士の共通点

 ・架空請求メールの文面例とコピーライティング

 ・アメトーーク「勉強しまくった芸人」に学ぶ適切な勉強法

 ・コピーライティングとカレーライス

 ・私はお勧めしない「低レベルな情報弱者層にウケるコピー」の書き方

 ・コピーライティングが「使えなくなる」可能性。

 ・縦長のオプトインページ、セールスレターはもう古いのか。

 ・ペルソナマーケティングの有効性とコピーライティング。 NEW

 ・インプットが重要か、アウトプットが重要か。 NEW

 ・テンプレートや他人のコピペ文章では「稼げない」理由。


ダイレクトレスポンスマーケティング講座

 ・ダイレクトレスポンスマーケティング~リスト教育の真髄~

 ・実績ゼロからのブランディング構築とコピーライティング。

 ・ブランディングの「始まり」とは。

 ・ブログとメールマガジンの情報を重複させるメリットとデメリット

 ・ブログとメールマガジンを使い分ける理由とその違い。

 ・ブログ、メルマガの「キャラクター設定」と「差別化」について。

 ・メールマガジンの長さ、文字数、文章量についての講義。

 ・商品は何通目のメールマガジンで売り込むべきか。

 ・メルマガの件名、タイトルの長さと文字数、開封率の関係について。

 ・メールマガジンの配信時間は何時が最も「読まれる」のか。

 ・メールマガジンの発行における特定電子メール法について。

 ・無料で発信する情報と、特典、有料で提供する情報の境目について。

 ・情報商材ビジネスは、あとどれくらい稼げるのか。


セールスライティング講座

 ・売れるコピー、文章の書き方。

 ・問いかける文章、コピーの有効性と効果的な作り方。

 ・商品のメリットに対してデメリットはどうアピールするべきか。


「稼げるブログの作り方」講座

 ・コピーライティングを駆使した稼げるブログの作り方講座の発足にあたって

 ・情報発信の入口として最適なメディアが「ブログ」である理由

 ・ブログのテーマ、ターゲット、コンセプトを決める際のポイントは

 ・ブログのテーマ、ターゲットは広げるべきか狭めるべきか。

 ・ブログにおける競合、ライバルの多さを考慮していく際のポイント

 ・ブログタイトルの付け方とそのポイントは

 ・ブログ記事を書く際に必ず意識するべき3つのポイントとは

 ・価値のあるオリジナリティの高い情報を発信するポイントと方法

 ・ブログ記事の文字数、文章の長さとSEO対策、反応の関係

 ・ブログは実名でやるべきかハンドルネーム(匿名)でやるべきか

 ・ブログカスタマイズ講座~ヘッダー、サイドバーメニューの有効活用~

 ・ブログにおけるアクセス解析のポイントと対策について。

 ・自己紹介・プロフィール記事の書き方。

 ・ブログにおける文字、文章の強調、装飾について。

 ・引用と著作権のルールについて。

 ・アフィリエイトブログのコンテンツは数と質、どちらを重視するべきか。

 ・メルマガ登録フォームはいつブログに設置するべきか。

 ・情報商材レビュー記事の書き方講座~集客編~

 ・情報商材レビュー記事の書き方講座~アフィリエイト編~


コピーライター講座

 ・コピーライターとしての仕事の取り方について。

 ・仕事依頼、制作依頼を受ける判断基準。


コピーライティング+マーケティング応用講座

 ・コピーライティングが先かアフィリエイトが先か。

 ・ステルスマーケティングとコピーライティング

 ・トレンドアフィリエイトとコピーライティング

 ・PPCアフィリエイトとコピーライティング

 ・動画マーケティングとコピーライティング

 ・動画で稼ぐか文章で稼ぐか。Youtubeアドセンスとグーグルアドセンス。

 ・PPCアフィリエイトとコピーライティング


その他応用講座

 ・トレンドブログ+アドセンス+コピーライティング

 ・トレンドブログ+物販アフィリエイト+コピーライティング

 ・プロモーションアフィリエイト+コピーライティング

 ・アダルトアフィリエイト+コピーライティング

 ・ツイッター+コピーライティング

 ・Youtube+コピーライティング

 ・SEO対策+コピーライティング

 ・キュレーションサイト+コピーライティング NEW

 ・コピーライティングを2つの視点、感覚で学ぶ


特別講座:ゼロから5億の不労所得を作った男(無料)

  私の師匠がいかにしてゼロから年収にして5億円という収入源を作り出したのか。

  その全てを公開している特別講座です。

  ・特別講座:ゼロから5億の不労所得を作った男


コピーライティング有料教材

  私、宇崎恵吾の著作教材です。

  コピーライティングを本格的に学びたい方は是非お読みください。

  ・The Million Writing


コピーライティング+アフィリエイト総合コンサルティング

  私と師匠、共作のアフィリエイト教材付きコンサルティングプログラムです。

  巷ではかなりのスパルタプログラムと言われていますので
  私達と共に本気でトップアフィリエイターを目指したい方のみ覚悟してご参加ください。

  ・Copyrighting Affiliate Program


宇崎恵吾監修ツイッターマーケティング+ツール教材

  私がマーケティングマニュアルやコピーライティングの分野で、
  監修、著作及びセールスレターの作成に関わった教材です。

  私からも豪華特典をお付けしていますので是非一度ご覧ください。

  ・the Twitter Brain+豪華特典


アフィリエイト講座:Copyrighting Affiliate the Union

  私企画するアフィリエイト講座です。

  参加にはある条件がございますがそこまでハードルが高いものではありません。

  是非一度企画の詳細をご覧頂ければと思います。

  ・Copyrighting Affiliate the Union


究極のコピーライティング講座

  私、宇崎恵吾の「師匠」とコピーを「共作」出来るという、
  私が知る限り「この世」で最上クラスのコピーライティング講座です。

  生半可な意識では読むだけ無駄なので、
  本当にコピーを極めたい人だけ読んでください。

  ・究極のコピーライティング講座:Copyrighting Archive

「注意を引く事」と「興味を引く事」の違い。

宇崎です。

以前、こちらのブログ講座の方で、

「興味と疑問の境界線」

というテーマでコピーライティングの講義をさせて頂きました。

>コピーライティングにおける「興味」と「疑問」の境界線

こちらでは、その標題の通り、
私達コピーライターが書いていく「コピー」に対して、
読み手側がそこに抱く「興味」と「疑問」の違いと、
その境界線をどう捉えていくべきか。

そしてその「興味」と「疑問」の違いを捉えた上で、
どうコピーを書いていくべきかという事を講義しました。

今日は、そんな以前の講義内容に付随するものとして、

「コピーライティングにおける興味と注意の違い」

及び、

「興味を引く事と、注意を引く事の違い」

について、講義してみたいと思います。

「注意を引く事」と「興味を引く事」の違い。


冒頭で挙げた「興味と疑問についての講義」でもお伝えした点として、

「興味」

という心理、及びその「興味を引く」という心理プロセスは、
コピーライティングにおいて大きなベクトルを占めるものであり、
どのようなコピーも、まずこの「興味」を引き出せない事には、
そこに掲げる目的を果たしていく事はできません。

興味を引く事が出来て、初めてその「コピー」や「文章」を介し、
こちらが提案するメッセージを読んでもらえるからです。

ただ、この「興味」に近い意味合いで捉えられるものとして、

「注意(注意を引く)」

という心理、及びその心理プロセスがあり、
辞書で引けば、それぞれの意味合いの違いは明白であるものの、
多くのコピーライターやコピーは、これを混同している傾向にあります。

要するに、多くのコピーライター、及びそのコピーが、
注意を引く事と興味を引く事を「意識的」に捉え、
その心理プロセスの違いを有効に活かせていないという事です。

少なくとも、コピーライティングというスキルを捉える上では
この「興味」と「注意」は全く持って異なるものであり、
当然、それぞれを引き出すコピーも全く性質が異なるものになります。

そして、その違いを最も的確、且つ端的に捉えるなら、

「注意は衝動的に引き出せるもの」
「興味は意識的に引き出せるもの」

これがその大前提と言える重要な境界線であり、
注意を引き出すコピーは「衝動的な反応」を意識し、
興味を引き出すコピーは「意識的な反応」を意識して、
それぞれの心理プロセスに適したコピーを作らなければならないのです。

また、基本的に「注意」という心理プロセスは、
あくまでも「興味」という心理プロセスの手前になるものであり、
1つのコピーにおいて興味が注意の先に来る事はまずありません。

『まずは衝動的な注意を引き、そこから意識的な興味を引く。』

これが人間心理の原則を捉えた「然るべき心理の流れ」であり、
この心理の流れを前提にコピーを作成していってこそ、
実際にそのコピーは「高い反応を見込めるようになる」という事です。


衝動的な「注意」を引き、意識的な「興味」を引く。


ここでポイントになってくるのが、

「衝動的な注意を引く事が出来るコピー」
「意識的な興味を引く事が出来るコピー」


これらの違いですが「衝動」は、
言わば直観的な印象や感覚から来るもので、
そこにはさほど「深い思考」や「論理」というものが伴いません。

「理屈を抜きにして、そこに目を向けてしまう状態」
「ほぼ反射的に、そこに注目してしまう状態」


これが「注意」という心理を引き出せれた状態です。

対して「興味」は、その直感の先にあるものとして、

「ある程度、そこに示された情報を論理的に解釈し、
 その情報から捉えられるメリットなどを感じ取れた状態」


において、そこで初めて引き出せるものであると言えます。

つまり「注意」は、そこのコピーで示されている情報における、

「インパクト」

によって与える事が出来るものである事に対し、
そこからの「興味」は、そこに書かれている情報からの

「イメージ」

によって引き出せるものであるという事です。

注意はインパクトによって与えられるものであり、
興味はそこからのイメージによって引き出せるもの。

この違いを前提に捉えた上で言えるポイントとして、
衝動的な注意を引く為のコピーは、

・直感的な印象を重視してコピーを構成する
・インパクトを与えられるフレーズを並べる


といったポイントを押さえていく事が有効であり、
意識的な興味を引く為のコピーは、

・ある程度、論理的に捉える事が出来るコピーを構成する
・その上で、読み手側の利得・メリット等をイメージさせる


といったポイントを押さえてこそ、構成出来るものになります。

言い方を変えれば「インパクトを重視しただけのコピー」では、
注意を引く事は出来ても興味は引き出せないという事であり、
メリット等を論理的にイメージさせる事を重視したコピーでは、
興味に先立つ「注意」は引き出し難いという事です。

インパクトを重視したフレーズだけを並べただけのコピーでは、
ひとまずそこに注意を引き、目を引く事が出来るかもしれませんが、
読み手を意欲的にする肝心な「興味」を引き出していく事は出来ません。

かと言って、メリット等を論理的にイメージさせるコピーのみでは、
そのコピーそのものに対して「衝動的な注目」を集める事が出来ない為、
既にある程度の「読む意識」を持っている見込み客でなければ、
根本的にそのコピーそのものを「読んでもらえない可能性」があります。

よって、ある程度でも、

「自分のコピーやメッセージを読んでくれる意識の高い見込み客」

のみを対象とするようなメルマガ読者限定のオファーや、
既に教育を経ているようなターゲットのみを想定するコピーであれば、
強いてそこに「注意を引く為のコピー」は示していく必要はありません。

ですが、決してそうではないケースとして、

「そこまでの意識を持っていないフラットな見込み客」

を対象にするようなオファーにおけるコピーに関しては、
まずはそのコピーそのものに注目を集める必要がある為、

『まずは衝動的な注意を引き、そこから意識的な興味を引く。』

という構成を前提としたコピーが有効になるという事です。

ただ、この業界でよく見かけるコピーの多くは、
インパクトを重視するようなコピーばかりが並んでいるものや、
その逆のコピーばかりが並んでいるものなど、
かなり「偏ったコピー」が多い傾向にあるというのが現実です。

少なくともコピーライターとしては、コピーを作る段階で

「このコピーは注意を引く為のフレーズなのか」
「このコピーは興味を引く為のフレーズなのか」


を、ある程度でも意識して構成していくべきだと思いますので
もし、その辺りの意識が曖昧であった節があるようなら、
この「線引き」をしっかりと捉えていくようにした方がいいと思います。

今日はそんな「コピーライター」がしっかり捉えていく必要がある、
注意を引くコピーと興味を引くコピーの「違い」についての講義でした。

K.Uzaki

>コンテンツ一覧へ

タグ

2016年8月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ライティングの原則

このページの先頭へ